シリアス 女性主人公 少年漫画 歴史

アルテ 第4巻|大久保圭 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

突然アルテの目の前に現れたヴェネツィアの名門貴族ファリエル家のユーリ。ユーリはアルテに、ヴェネツィアでの仕事を依頼する。一介の徒弟にとって望外の機会だったが、それは同時にレオとの別れを意味していた…自らの将来を左右する転機にアルテが下した結論とは? アマゾンより引用

 

アルテ 第4巻

 

第3巻からの続きになります。表紙には海の街が見える丘の上でスケッチブックを持って、綺麗なドレスを着用しているアルテが自信に満ち溢れながら歩いている様子が描かれています。中世のヨーロッパを舞台にした貴族出身のアルテが当時は異例であった女性が絵の世界で生きていくことになる大変興味深い物語です。

ウベルティーノの件で色々と面倒を見てくれたヴェロニカの屋敷にやってきたアルテは、ヴェロニカの肖像画をその時のお礼として持参してヴェロニカに手渡すと、ずっと待っていてたと大変喜び、アルテが自分のために描いてくれた絵が欲しかったと快くそれを受け取ることになります。

アルテはそれに合わせてお借りしていた本も返そうと思って来たんですと、ふと思い出し、読み書き用に借りていた本を返すと、ヴェロニカは貴方が読み書きを教えているんだったら、次はもっと難しい本が良いわねと話しながら、新し本を探してくれているようです。

この、高級娼婦のヴェロニカと貴族出身の画家を目指すアルテがここまで親しい関係になった理由は1巻から3巻を順番に読んでいくと分かりますので、是非読んでみてください。

スポンサードリンク


そうして、ヴェロニカの屋敷を後にするアルテなんですが、門を出た時に馬車でやってきた見るからに身分が高そうな男性とスレ違い、その顔を見ると真っ赤になってしまって、照れながらその場を走り去ってしまいます。

どうやらその弾性は大変身分が高いヴェロニカの友人の男性らしくて、フィレンツェに来た際にはここに来ると最新の情報が得られると思ってきたと話し始めるのですが、ヴェロニカはお客の情報を簡単に売るような真似はしませんわよと答えながら、高貴な貴方の誘いを娼婦が断れるはずもないでしょうとニッコリして対応します。

それを聞き、君から情報を得るのは毎回骨が折れると答えながら付近を見ると、先程アルテが持ってきたヴェロニカの肖像画が目に止まり、へえ悪くない、これを描いたのは新人かい?、と問い合わせると、ヴェロニカは私の自慢の友人の女徒弟の画家が描いてことを自慢気に話すのです。

それを聞いた、この身分の高いそうな男性は、彼女のことをもっと聞かせて欲しいと、ヴェロニカに頼み込むことになります。

そして、アルテの事を聞き出したこの男性は、馬車でアルテの元に向かうことになり、アルテをひと目見た瞬間大変気に入り、君の親方と話がしたいと相談することになります。

実はこの男性、ベェネツィアの名門貴族のファリエル家の人物であり、アルテに大変重要な話があるようでした。

この漫画、見ていて大変面白いですので、一度手にとって見ていただきたい漫画になります。

スポンサードリンク

-シリアス, 女性主人公, 少年漫画, 歴史
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

事件記者トトコ!  第1巻|丸山 薫 (著)

スポンサードリンク バカな子ほどかわいい! 立派なカメラを持っていて、事件の鍵を握る警部と仲良しで、上司や同僚にも恵まれている――それなのに、スクープをまったく取ってこれないという新米記者トトコ。だが …

no image

コンシェルジュ プラチナム 第9巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (著)

スポンサードリンク ホテルキャピタル白金平でゆるキャラシンポジウム開催!! 船橋の汁出すアレや、彦根の兜を被った猫のアレに似たゆるキャラが大集合!! 仁義なきゆるキャラバトルにしろがねこ参戦!? そし …

no image

アンゴルモア 元寇合戦記 第7巻|たかぎ 七彦 (著)

スポンサードリンク 対馬軍が籠城する金田城に蒙古軍がなだれこんだ!防人たちの奇策により辛くも撃退に成功するが、敵を招き入れた裏切り者である白石との闘いは避けられない。朽井と白石、一対一の“真剣勝負”の …

no image

ヤスミーン 第1巻|畑優以 (著)

スポンサードリンク ライオンが支配する王国! そこに暮らす草食動物のトムソンガゼルはシマウマ等とは違いライオンに喰われることがない! なぜなら彼らは「不味い」から!! 美食に狂うライオン、彼らに真っ向 …

no image

そば屋幻庵 第4巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク 道場主の娘に淡い想いを寄せる少年剣士や、妻を亡くしてやる気を失ったそば屋の主人を助けたり、最高の蕎麦の実を求めて信州に旅立ったり……勘定方の重職を早々に息子へ譲り、念願のそば屋台を …