女性主人公 少年漫画 恋愛 歴史

大正処女御伽話  第1巻|桐丘さな (著)

投稿日:

スポンサードリンク

時は大正――。事故がもとで母と右手の自由、父の期待を失い田舎に養生という名目で家を追われた青年・珠彦。世の中の全てに嫌気がさし、引き籠もりの厭世家となり果てていた珠彦のもとに、夕月という少女がやってきた。彼女は父が珠彦の世話をさせるため買ってきた嫁で…。大正ノスタルジックホンワカストーリー第一巻! アマゾンより引用

 

 

 大正処女御伽話  第1巻

 

表紙にはとても可愛い和服を着た女の子が描かれていて、リアルな実写的なイラストではありませんが、とにかく可愛三つ編みの女の子であり、和服を着ていますし、タイトルに大正処女とありますから、大正時代のお話であることが予測できますね。

着物の書き込みもとても丁寧であり、好感が持てる温かみのある表紙です。

時は大正10年の雪が降っている寒そうな夜、表紙の三つ編みの女の子である夕月が珠彦の自宅にやってきて、自分が珠彦のお嫁さんになるためにやってきたことを冒頭から告げるシーンから始まります。

それから1ヶ月後、夕月の入浴シーンから始まり、そこにうっかり珠彦がはいってくると、焦って体を隠す夕月の姿があり、珠彦も焦って見ていないとその場を後にするのですが、結婚するといきなりやってきた夕月には何か秘密があるのでしょうか?

また、珠彦の股引を繕っておきましたと夕月が笑顔で見せるのですが、そこで珠彦がよく男の股引を縫えるなと取り上げた瞬間、夕月が顔を真っ赤にして、可愛く恥ずかしそうな反応していますが、この夕月はとても可愛い女の子です。

スポンサードリンク


ただ、この大きな屋敷にはまだかなり若いであろう珠彦しかいないようなので、少し気になっていたのですが、そこで早速この謎についての説明が始まりますので、見てみるとしましょう。

明治38年にお金持ちの家に生まれて愛情は全くないものの、何不自由なく暮らしてきたのが珠彦だったのですが、それが昨年交通事故に遭い、母親をなくして、さらには自分の右手も全く使えなくなってしまい、父親からもう使えない人材として、千葉の別荘に隔離されてしまっていたようです。

だから、大きな屋敷なのにこの若い珠彦しかいなかったのですね。

右手首から先が全く動かなくなった珠彦はその千葉の屋敷の中にこもって引きこもりのような生活を送っていて、そこに嫁として夕月が送られてきた流れになっていますので、多分、借金のかたに売り飛ばされた女子なのかもしれません。

しかし、珠彦はなかなか夕月に心を開くことがなくて、夕月が笑顔でお手伝いをすると言っても、それを突き放す珠彦なのですが、風呂に入っていたところ、夕月が突然入ってきてきます。

焦った珠彦だったのですが、夕月は裸ではなく着物をきていましたので、ホッとしている状態なのですが、そこでついつい、君には悩みはないのだろうな・・・口に出して話をしてしまいます。

それを聞いた夕月は、まあひどい、私にだって悩みが二つあることを告げるのですが、この二つの悩みとは一体なんなのか?、興味がありましたら1巻をご覧になってみてください。

スポンサードリンク

-女性主人公, 少年漫画, 恋愛, 歴史
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

コンシェルジュインペリアル 第5巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (案)

スポンサードリンク クインシーホテルの高齢者向けバスツアーに付き添いで来た優菜。そこには父親であり、スーパーコンシェルジュである最上拝の姿があった。そんなふたりのもとへ、母親の預金通帳を見つけてくれと …

no image

事件記者トトコ!  第1巻|丸山 薫 (著)

スポンサードリンク バカな子ほどかわいい! 立派なカメラを持っていて、事件の鍵を握る警部と仲良しで、上司や同僚にも恵まれている――それなのに、スクープをまったく取ってこれないという新米記者トトコ。だが …

no image

惡の華 第1巻|押見修造 (著)

スポンサードリンク ボードレールを愛する、文学少年・春日高男(かすが・たかお)。ある日、彼は、放課後の教室に落ちていた大好きな佐伯奈々子(さえき・ななこ)の体操着を、思わず盗ってしまう。それを、嫌われ …

no image

医龍 第1巻|永井明 (著), 乃木坂太郎 (著)

スポンサードリンク NGOキャンプで優秀な外科医として働いていた朝田は、今は医者を辞め、悠々自適の田舎暮らしの毎日。そこへ大学助教授の加藤が現れ、彼を自分の大学病院に迎えようとする。だが、朝田はまるで …

no image

ソムリエール 第1巻|城アラキ (著), 松井勝法 (著), 堀賢一 (著)

スポンサードリンク 「はい。だから私も運命になんか負けません。」 両親を失いながらも篤志家の援助により大学の醸造科を卒業した樹カナ。自らも出身である施設で、子供達とワインを造っていた彼女の元に届いた、 …