サバイバル バトル ミリタリー・戦争 少年漫画

ゴールデンカムイ 第1巻|野田サトル (著)

投稿日:

スポンサードリンク

『不死身の杉元』日露戦争での鬼神の如き武功から、そう謳われた兵士は、ある目的の為に大金を欲し、かつてゴールドラッシュに沸いた北海道へ足を踏み入れる。そこにはアイヌが隠した莫大な埋蔵金への手掛かりが!? 立ち塞がる圧倒的な大自然と凶悪な死刑囚。そして、アイヌの少女、エゾ狼との出逢い。『黄金を巡る生存競争』開幕ッ!!!! アマゾンより引用

 

ゴールデンカムイ 第1巻

 

表紙を見ると旧日本軍らしき制服を着た顔に傷のある男性が銃を持って正面をじっと見ていますので、戦争が絡んだストーリー展開出ると予測はできるのですが、実際には中を見てみないと分からない部分もある為、早速見てみることにしましょう。

時は明治37年で場所は203号地ですから、あのロシアとの凄まじい戦いが行われた戦場から全てが始まり、そこで壕を飛び出して無謀な突撃を行う日本兵が次々と殺されていくシーンが描かれていています。

あの表紙の日本兵の男性が首に弾丸を受けたまま、勇敢にも一人でロシア兵に突撃をしていくのですが、この日本軍の兵士の名前は杉本佐一とのことです。

その後、戦場のシーンからガラッと変わって、川で砂金をとっている杉本佐一なのですが、すぐ隣には酒を飲んでいるおじさんが座っていて、調子はどうだいと声をかけながら、砂金で富を築いたやつは一握り視界ないと語り部のように話をしています。

スポンサードリンク


また、この杉本佐一は不死身の杉本と呼ばれていたらしくて、その話題で盛り上がっている最中に、この飲んだくれのおじさんが面白い話をしてやろうかとささやき、北海道では1日112グラムの砂金が毎日取れたとの話を始めます。

その砂金はアイヌの人たちが貯めていたのですが、アイヌの人たちを皆殺しにして、それを分捕った男がいて、75キログラムの金塊を持ったまま逃亡し、どこかに金塊を隠して誰に伝えることもなく、捕まって網走監獄に打ち込まれたとのこと。

その金塊のありかを巡って、刑務所の中で囚人たちに刺青を彫り、その刺青を埋蔵金のありかとして示し、刑務所から脱獄した囚人に金塊の半分を与える約束をして、結局囚人全員が護送中の兵隊を皆殺しにして全員が森の中へ消えていった・・・。

いつものホラ話だろうと笑いながらやり過ごしている杉本佐一だったのですが、ふと昔の同僚が戦場で死んでいく姿を回想していたところ、先ほどの飲んだくれのおじさんが杉本佐一の銃を持ってしゃべりすぎたと銃口を向けて真顔で殺意を抱いています。

しかし、流石に不死身の杉本に返り討ちにされてしまって、そのまま逃亡してしまうのですが、それにより、アイヌの金塊75キロの話の信ぴょう性を高めることとなり、逃げた酔っ払いのおじさんを追いかける杉本佐一だったのです。

その追いかけた先で杉本佐一が見た驚愕のものは・・・。興味があればぜひ1巻をご覧になってください。

スポンサードリンク

-サバイバル, バトル, ミリタリー・戦争, 少年漫画
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

彼岸島 第1巻|松本光司 (著)

スポンサードリンク 吸血鬼が棲む孤島、彼岸島(ひがんじま)――。踏み入れたら最後、再び生きて還ることはない……。大学に合格したばかりの宮本明(みやもと・あきら)の兄は、2年前に行方不明となっていた。実 …

no image

DEATH NOTE  第1巻|大場つぐみ (著), 小畑健 (著)

スポンサードリンク このノートに名前を書かれた人間は死ぬ…。死神 リュークが人間界に落とした一冊のノート「DEATH NOTE」。ここから、二人の選ばれし者「夜神月」と「L」の壮絶な戦いが始まる!!  …

no image

プラモ狂四郎 第1巻|クラフト団 (原著), やまと 虹一 (著)

スポンサードリンク 機動戦士ガンダム誕生20周年記念!!1999年春、完全復刻!あのプラモ漫画の名作!!今、狂四郎が再び戻って来た!プラモシミュレーションのチャンピオン!!狂四郎とライバルたちがプラモ …

no image

終戦のローレライ 第1巻|福井晴敏 (原作), 虎哉孝征 (画), 長崎尚志 (脚色)

スポンサードリンク ドイツのライン川に伝わる伝説、その美しい歌声で船員を魅了し船を水中に引きずり込むという魔女の名“ローレライ”――。太平洋戦争の終結が迫る昭和20年(1945年)7月の日本。日本海軍 …

no image

サバイバル 1巻|さいとう・たかを (著)

スポンサードリンク 大地震で、文明がもろくも崩れ去った中で、サトル少年のサバイバルが始まった。 ただ一人、荒野をさすらうその行く手に待ち受けているのは生か死か…。過酷な少年の運命を通して、文明を失った …