シリアス ミリタリー・戦争 歴史 男性主人公

アンゴルモア 元寇合戦記 第4巻|たかぎ 七彦 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

山間の隘路を撤退する朽井達に、モンゴル人の若き将軍ウリヤンエデイが迫る!見通しのきかない曲がり道を巧みに利用し、ゲリラ的な待ち伏せ攻撃を企図する対馬軍は、蒙古軍を振り切ることができるのか!? アマゾンより引用

 

アンゴルモア 元寇合戦記 第4巻

 

第3巻からの続きになります。表紙には対馬の姫、輝日が黄色いきものを着用し、扇子を持って舞を踊っているようなシーンが描かれています。そのセンスには龍と虎がかかれており、元寇との熾烈な戦を表現しているような印象があります。

対馬の山奥に避難する対馬の姫、輝日たちを追撃してくる蒙古軍を待ち伏せし、地の利を活かして撃退していた所、蒙古軍がてっぽう(蒙古軍の手榴弾のような爆発物)で攻撃をしてくることになり、岩が弾けるような凄まじい音とに、多数の対馬の武士達が吹き飛ばされてしまいます。

流人の朽井迅三郎がその地の利を活かした戦場で指揮をとるなか、負傷している対馬の姫、輝日は先に避難を始めていたのですが、そこで山陰から追撃をしてくる蒙古軍の大将を発見することになります。

流人の朽井迅三郎はてっぽうのすさまじさを感じ、飛び散ってくる金属片を鎧でうけながらも奮闘するのですが、次々と対馬の武士たちが蒙古軍に討ち取られてしまいます。

スポンサードリンク


それでも生き残っている対馬の武士たちとその場で激戦を行います。

その頃、対馬の姫、輝日たちは山の茂みの中から見つけた、蒙古軍の大将に向かって二人同時に弓で狙いをつけて仕留めようとしていて、大将に向けて矢を放ち、仕留めたと思った瞬間、蒙古軍の兵士たちが自分の体を使ってその弓を防ぎます。

そして、一斉に警戒を始めた蒙古軍に対馬の姫、輝日が見られてしまい、その美しさに感動した蒙古軍の将軍は、すごいね、あんなの殺しちゃだめだ、あの女何とか無傷で捕まえられない?きっと最上級の戦利品になるよ、是非とも手に入れたいと部下に指示をだすのでした。

地の利を活かした待ち伏せ攻撃をしていた際に、蒙古軍のてっぽうで一時期劣勢に立たされていた流人の朽井迅三郎が指揮する対馬の侍たちは、その後に体勢を立て直し、蒙古軍を何とか撃退することに成功します。

この場所を去ると流人の朽井迅三郎が話し、撤退しようとしていた矢先、盾を持った蒙古軍が再び進軍をしてきて、それを見た対馬の侍、弥次郎が、あれはまたてっぽうだ!、身を乗り出したことろを俺が仕留めてやると弓でいようとした時・・・。

蒙古軍の盾の奥から、てっぽうではなく、大砲のような見たこともない兵器が対馬の侍、弥次郎に向けられていて、凄まじい轟音と主に、何かが発射されたのでした。

スポンサードリンク

-シリアス, ミリタリー・戦争, 歴史, 男性主人公
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

真犯人!! 第1巻|門尾勇治 (著)

スポンサードリンク 20XX年、刑法第11条「死刑改正」。法務省より無作為に選ばれた国民100名は死刑執行人となり、死刑囚を処刑することを義務とする……。何者かに よって、最愛の妻・美樹を殺され、その …

no image

アルテ 第1巻|大久保圭 (著)

スポンサードリンク 16世紀初頭・フィレンツェ。芸術など文化活動が花開いたルネサンス発祥の地。 そんな活気あふれる華やかなる時代に、貴族家生まれのアルテが画家工房への弟子入りを志願する。 女性がひとり …

no image

特攻の島 第1巻|佐藤秀峰 (著)

スポンサードリンク 「生還を期さない兵器」特殊兵器への志願を問われた時、少年たちが受けた説明はそれだけだった。様々な憶測が飛び交う中、志願した少年たちはある島へと送られる。その島で少年たちが見たものは …

no image

ファイアパンチ 第1巻|藤本タツキ (著)

スポンサードリンク 『氷の魔女』によって世界は雪と飢餓と狂気に覆われ、凍えた民は炎を求めた──。再生能力の祝福を持つ少年アグニと妹のルナ、身寄りのない兄妹を待ち受ける非情な運命とは…!? 衝戟のダーク …

no image

コンシェルジュ プラチナム 第9巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (著)

スポンサードリンク ホテルキャピタル白金平でゆるキャラシンポジウム開催!! 船橋の汁出すアレや、彦根の兜を被った猫のアレに似たゆるキャラが大集合!! 仁義なきゆるキャラバトルにしろがねこ参戦!? そし …