シリアス ミリタリー・戦争 歴史 男性主人公

アンゴルモア 元寇合戦記 第4巻|たかぎ 七彦 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

山間の隘路を撤退する朽井達に、モンゴル人の若き将軍ウリヤンエデイが迫る!見通しのきかない曲がり道を巧みに利用し、ゲリラ的な待ち伏せ攻撃を企図する対馬軍は、蒙古軍を振り切ることができるのか!? アマゾンより引用

 

アンゴルモア 元寇合戦記 第4巻

 

第3巻からの続きになります。表紙には対馬の姫、輝日が黄色いきものを着用し、扇子を持って舞を踊っているようなシーンが描かれています。そのセンスには龍と虎がかかれており、元寇との熾烈な戦を表現しているような印象があります。

対馬の山奥に避難する対馬の姫、輝日たちを追撃してくる蒙古軍を待ち伏せし、地の利を活かして撃退していた所、蒙古軍がてっぽう(蒙古軍の手榴弾のような爆発物)で攻撃をしてくることになり、岩が弾けるような凄まじい音とに、多数の対馬の武士達が吹き飛ばされてしまいます。

流人の朽井迅三郎がその地の利を活かした戦場で指揮をとるなか、負傷している対馬の姫、輝日は先に避難を始めていたのですが、そこで山陰から追撃をしてくる蒙古軍の大将を発見することになります。

流人の朽井迅三郎はてっぽうのすさまじさを感じ、飛び散ってくる金属片を鎧でうけながらも奮闘するのですが、次々と対馬の武士たちが蒙古軍に討ち取られてしまいます。

スポンサードリンク


それでも生き残っている対馬の武士たちとその場で激戦を行います。

その頃、対馬の姫、輝日たちは山の茂みの中から見つけた、蒙古軍の大将に向かって二人同時に弓で狙いをつけて仕留めようとしていて、大将に向けて矢を放ち、仕留めたと思った瞬間、蒙古軍の兵士たちが自分の体を使ってその弓を防ぎます。

そして、一斉に警戒を始めた蒙古軍に対馬の姫、輝日が見られてしまい、その美しさに感動した蒙古軍の将軍は、すごいね、あんなの殺しちゃだめだ、あの女何とか無傷で捕まえられない?きっと最上級の戦利品になるよ、是非とも手に入れたいと部下に指示をだすのでした。

地の利を活かした待ち伏せ攻撃をしていた際に、蒙古軍のてっぽうで一時期劣勢に立たされていた流人の朽井迅三郎が指揮する対馬の侍たちは、その後に体勢を立て直し、蒙古軍を何とか撃退することに成功します。

この場所を去ると流人の朽井迅三郎が話し、撤退しようとしていた矢先、盾を持った蒙古軍が再び進軍をしてきて、それを見た対馬の侍、弥次郎が、あれはまたてっぽうだ!、身を乗り出したことろを俺が仕留めてやると弓でいようとした時・・・。

蒙古軍の盾の奥から、てっぽうではなく、大砲のような見たこともない兵器が対馬の侍、弥次郎に向けられていて、凄まじい轟音と主に、何かが発射されたのでした。

スポンサードリンク

-シリアス, ミリタリー・戦争, 歴史, 男性主人公
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

そば屋幻庵 第14巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク 時は寛政年間、場所はお江戸の新橋あたり、柳の下でほのかに灯る、担ぎ屋台の街行灯。夢まぼろしの如き神出鬼没の蕎麦屋台、人呼んでその名も[幻庵]―――。勘定方の重職をあっさり捨てて、早 …

no image

ゲート ―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 第1巻|柳内 たくみ (著), 竿尾 悟 (漫画)

スポンサードリンク 20××年、夏――白昼の東京・銀座に突如、「異世界への門」が現れた。中から出てきたのは軍勢と怪異達。陸上自衛隊はこれを撃退し、門の向こう側である「特地」へと踏み込んだ――。シリーズ …

no image

信長のシェフ 第1巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 現代の料理人・ケン。彼が目を覚ますとそこは戦国時代だった。京で評判の料理の噂を聞きつけた信長は、強引にケンを自分の料理人にするが…!?戦と料理が織りなす前代未聞の戦国グルメ絵巻!コ …

no image

とりぱん 第1巻|とりのなん子 (著)

スポンサードリンク 少し変わってて、少しクールで、割と背が高い、北の町に住んでるイトコからの手紙――そんなような漫画です。東北の某ベッドタウン在住の作者(30代・独身・女)が、野鳥、ネコ、風物、方言、 …

no image

東京喰種トーキョーグール 第1巻|石田スイ (著)

スポンサードリンク 【雑誌掲載時の著者カラー原画を収録したリマスター版!】“東京”には、或るひとつの「絶望」が潜む…。群衆に紛れ、人間を狩り、その死肉を喰す怪人、人はそれを「喰種(グール)」と呼ぶ。青 …