アニメ化作品 サバイバル バトル ミリタリー・戦争 少年漫画 男性主人公

進撃の巨人 第1巻|諫山創 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

手足をもがれ、餌と成り果てようと、人類は巨人に挑む!! 巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の戦いが始まってしまう。――震える手で、それでもあなたはページを捲る。超大作アクション誕生! これが21世紀の王道少年漫画だ!! アマゾンより引用

 

 進撃の巨人 第1巻

 

表紙には巨大な筋肉質がむき出しになっている巨人が書かれていて、それに対して巨大なカッターのような刀のようなものを構えた男性が挑んでいる姿が描かれています。

進撃の巨人というタイトルなので、巨人と人間が関わるストーリー展開であることが分かりますけど、これは完全に巨人と人間が戦う感じの流れになるのでしょうね。

ページをめくると序盤から、巨大な壁に囲まれた中世の時代の都市が舞台として描かれていて、その壁の向こうに表紙に書かれていた巨大な巨人が壁の前に立って壁を破壊しようとしているようです。

その後、巨大な森で馬に乗った兵士たちが、立体起動を使って木々の間を移動しながら、巨人と戦うシーンが描かれて、それから場面は突然変わり、エレンとミカサという男の子と女の子が草原で休憩しているシーンが描かれています。

スポンサードリンク


なぜかエレンは一人泣いているのですが、その理由はエレン本人にも分からないようです。ただ、なぜかその後845という数字が頭に浮かんでいたようで、それが中央に描かれているのですが、これが一体何を意味するのかは現時点では分かりません。

大きな一本の樹の下でエレンとミカサが過ごした時間でした。

その後、帰宅しているエレンとミカサの二人なのですが、どうやら昼間っから呑んだくれている兵士たちと知り合いのようで、奴らが壁を壊して街に入ってきたときにそれで戦えるのか?と話しかけるのですが、兵士たちはそんな事は100年間で一度もないと笑ってただ返します。

この町を囲んでいる壁は高さ50メートルはあるらしくて、いくら巨人であってもこの壁を越えることはできないとのことなんですが、どうやらエレンは調査兵団に入りたいのではないかとのことです。

そこで、鐘が鳴り、英雄である調査兵団が壁の外から街の中に帰ってくるので、多くの人たちがその街宣を見ようと集まっていると、そこに現れた調査兵団の姿は悲惨なものであり、怪我人ばかりで体の一部が亡くなった人、手首しか残ってない人など、それはそうそうたる悲惨な現状だったのです。

更に調査兵団は奴らの正体を突き止めることができませんでしたと泣きながら謝罪を行い、今度は逆に罵声を浴びせられることとなります。

そして、自宅に戻ったエレンは父親に壁の外の世界に出てみたいと相談を始めることになり、それを聞いた父親は、秘密にしていた地下室を見せてやろうと意味ありげな鍵を手に取ることになります。

スポンサードリンク

-アニメ化作品, サバイバル, バトル, ミリタリー・戦争, 少年漫画, 男性主人公
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

コンシェルジュ プラチナム 第2巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (著)

スポンサードリンク 「商店街コンシェルジュ」として活躍する彼は、その力を駆使して商店街を活性化させていく。一方「ホテルキャピタル白金平」の専務・千羽は九音を取り込もうと娘の四月鑑を彼の元へ送り込む。お …

no image

そば屋幻庵 第9巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク 勘定方の要職を早々に致仕し、安くて旨い蕎麦を食べさせる屋台を家族に内緒で開店した牧野玄太郎。本作は、そば屋[幻庵]を舞台にした、味のある店主と個性豊かな常連客たちが織りなす極上の[ …

no image

コンシェルジュ プラチナム 第4巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (著)

スポンサードリンク お客様の心の扉をひらくための白金の鍵を持つコンシェルジュ、九音響也が今巻で魅せるのは、友人との関係性を知るコツ、覆面調査員を見抜く術、記憶の混同が起こるメカニズム、値段交渉のテクニ …

no image

オンライン The Comic 第1巻|雨蛙 ミドリ (著), キョカ ツカサ (作画)

スポンサードリンク どこにでもいるごく普通のOL・八城舞、22歳。ある日、彼女の家の郵便ポストに1台のゲーム機が届いた。本人の意志に関係なく強制的に参加させられたゲーム「ナイトメア」──、それは大切な …

no image

そば屋幻庵 第13巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク 神出鬼没の絶品そば屋台を営む牧野玄太郎は、元は幕府の重職。身分を隠し、日々、旨い蕎麦作りを追求する彼の元には、毎度、個性豊かな客が訪れて―――…。第二の人生を目一杯楽しむ姿…、誰で …