ホラー ミステリー 学園 男性主人公 青年漫画

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね 第1巻|榊原 宗々 (著), 要 マジュロ (原著)

投稿日:

スポンサードリンク

2015年最大の問題作、解禁。恋が殺意に侵される――美しくもグロテスクなダーク・ラブ≒サスペンス。「俺は君を殺したい」――神城卓の花園魅香への想いは単なる片思いだった。そう、ある日を境に突然“殺意”へと変じるまでは……。次のページで何が起きるのか全く予想できない! 1話で驚愕し、2話で絶望し、3話で慟哭する 壮絶なストーリー展開に括目せよ!! アマゾンより引用

 

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね 第1巻

 

タイトル名からしてかなり過激な内容になっていて、とりあえず死ねが普通にタイトル名ですし、教室で目の赤い男子高校生が血の付いた刃物を持って隣に寄り添っている女子高生と何かをしようとしているのか、その手前には赤い死体のような物が沢山あります・・・。

どうみても表紙を見ただけで、この漫画は完全に学園系ホラー作品だと思いますので、早速それ前提で中身を見てみるとしましょう。

他の誰かと愛し合う。人はいつの間にか。それを当然と認識していた。

学校内の校舎の隅っこでコンクリートに付着したガムを剥がそうとしている神城くんがいて、調子に乗っていたら横から女子高生の花園さんに蹴られてしまい、そのまま吹き飛んで花壇ごと吹き飛ばしてしまい、プランターがひっくり返ってしまいます。

スポンサードリンク


どうやらこの神代くんは花園さんに好意を持っているようで、花園さんはかなり人気の女子生徒ですから、そう言っている矢先に、他の男子に神代くんの目の前で花園さんに告白されてしまい、ヒヤヒヤと見ていたところ、花園さんはあっさりお断りをしてしまいます。

神代くんは花園さんに対して大変な行為を持っているようで、明日こそ告白すると心に決意をするのですが、帰宅してから自宅で部屋の掃除をしていたところ、窓から男性が女性に暴行をしている瞬間を見てしまい、無視もできずについつい止めに入ることになります。

しかし女性を脅している男性は、来ないでください、でないとあなたが感染する、逃げてくださいと意味不明の言葉を叫ぶのですが、神代くんは全く理解しておらず、その場でぼーっとしていたら、この男性にあなたに感情がうつるといわれて壁に思いっきり押し付けられてしまいます。

その後、ベッドの上で目を覚ました神代くんは、昨日の出来事をよく覚えていないらしく、何が起こったのかもわからないまま通常通り登校していると、後ろから花園さんが声をかけてきたので振り向いた瞬間、花園さんの首を手に持っている傘で突き刺す幻を見ることになります。

それから、何故か花園さんに強い殺意を持ってしまう自分がよくわからないまま、待ち合わせの場所の屋上に出向いてみれば、昨日花園さんに振られた男子生徒が花園さんに襲いかかっていて、どいてくれとその生徒を言ってどかすと、花園さんに何故か、俺は君を殺したいと告白してしまうのでした。

スポンサードリンク

-ホラー, ミステリー, 学園, 男性主人公, 青年漫画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ  第6巻| 大西巷一 (著)

スポンサードリンク フス派軍が無敵を誇ったワゴンブルクは、十字軍の名将フィリポ・スコラーリとクマン人の弓騎兵戦術の前に完敗した。先鋒隊を指揮したフロマドカは討ち取られ、天使隊の少女たちも奴隷とされてし …

no image

クダンノゴトシ 第6巻|渡辺潤 (著)

スポンサードリンク 「東京を引き金に世界は滅ぶ」――千鶴父の残した予言に抗うべく、“呪い”の元凶である光は自らの存在を消し去ろうと奔走する。しかし通り魔事件で注目を集めてしまった彼の体には、再び影が戻 …

no image

海賊とよばれた男 第4巻|百田尚樹 (著), 須本壮一 (著)

スポンサードリンク 時代は明治41年。若き国岡鐡造(くにおか・てつぞう)は神戸高商の最終学年になり、従業員たった3名の「酒井商会」へと就職をはたした。神戸高商時代の同級生が大会社で活躍していく中、鐡造 …

no image

信長のシェフ 第13巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 楓引き渡しの交換条件として、得意の西洋料理を封じられたケンが、使者として遣わされた先は、信玄亡きあとの武田家!信玄の温情で武田から脱出したケンにとってそこはかつて捕らわれた地だが… …

no image

辺獄のシュヴェスタ 第3巻|竹良実 (著)

スポンサードリンク 16世紀神聖ローマ帝国。罪なき賢者が「魔女」と呼ばれた時代。魔女狩りで天涯孤独となった少女・エラは「魔女の子供達」を集めた女子修道院に収容された。厳しい修道院生活にも慣れた矢先、エ …