ホラー ミステリー 学園 男性主人公 青年漫画

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね 第1巻|榊原 宗々 (著), 要 マジュロ (原著)

投稿日:

スポンサードリンク

2015年最大の問題作、解禁。恋が殺意に侵される――美しくもグロテスクなダーク・ラブ≒サスペンス。「俺は君を殺したい」――神城卓の花園魅香への想いは単なる片思いだった。そう、ある日を境に突然“殺意”へと変じるまでは……。次のページで何が起きるのか全く予想できない! 1話で驚愕し、2話で絶望し、3話で慟哭する 壮絶なストーリー展開に括目せよ!! アマゾンより引用

 

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね 第1巻

 

タイトル名からしてかなり過激な内容になっていて、とりあえず死ねが普通にタイトル名ですし、教室で目の赤い男子高校生が血の付いた刃物を持って隣に寄り添っている女子高生と何かをしようとしているのか、その手前には赤い死体のような物が沢山あります・・・。

どうみても表紙を見ただけで、この漫画は完全に学園系ホラー作品だと思いますので、早速それ前提で中身を見てみるとしましょう。

他の誰かと愛し合う。人はいつの間にか。それを当然と認識していた。

学校内の校舎の隅っこでコンクリートに付着したガムを剥がそうとしている神城くんがいて、調子に乗っていたら横から女子高生の花園さんに蹴られてしまい、そのまま吹き飛んで花壇ごと吹き飛ばしてしまい、プランターがひっくり返ってしまいます。

スポンサードリンク


どうやらこの神代くんは花園さんに好意を持っているようで、花園さんはかなり人気の女子生徒ですから、そう言っている矢先に、他の男子に神代くんの目の前で花園さんに告白されてしまい、ヒヤヒヤと見ていたところ、花園さんはあっさりお断りをしてしまいます。

神代くんは花園さんに対して大変な行為を持っているようで、明日こそ告白すると心に決意をするのですが、帰宅してから自宅で部屋の掃除をしていたところ、窓から男性が女性に暴行をしている瞬間を見てしまい、無視もできずについつい止めに入ることになります。

しかし女性を脅している男性は、来ないでください、でないとあなたが感染する、逃げてくださいと意味不明の言葉を叫ぶのですが、神代くんは全く理解しておらず、その場でぼーっとしていたら、この男性にあなたに感情がうつるといわれて壁に思いっきり押し付けられてしまいます。

その後、ベッドの上で目を覚ました神代くんは、昨日の出来事をよく覚えていないらしく、何が起こったのかもわからないまま通常通り登校していると、後ろから花園さんが声をかけてきたので振り向いた瞬間、花園さんの首を手に持っている傘で突き刺す幻を見ることになります。

それから、何故か花園さんに強い殺意を持ってしまう自分がよくわからないまま、待ち合わせの場所の屋上に出向いてみれば、昨日花園さんに振られた男子生徒が花園さんに襲いかかっていて、どいてくれとその生徒を言ってどかすと、花園さんに何故か、俺は君を殺したいと告白してしまうのでした。

スポンサードリンク

-ホラー, ミステリー, 学園, 男性主人公, 青年漫画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

特攻の島 第8巻|佐藤秀峰 (著)

スポンサードリンク 本土決戦を目前に、作戦海域へ到着した 伊53潜は、17隻からなる大輸送船団と遭遇。艦長は数的不利を鑑み、敵を分断する策を試みる。だがその作戦の最中、艦長は負傷。敵の護術艦が迫る!  …

no image

孤高の人 第1巻|坂本眞一 (著), 鍋田吉郎 (著), 新田次郎 (著)

スポンサードリンク 孤独な青年・森文太郎は転校初日、同じクラスの宮本にけしかけられ校舎をよじ登ることに。一歩間違えば死んだかもしれない、だが成し遂げた瞬間の充実感は、今までになかった「生きている」こと …

no image

クダンノゴトシ 第1巻|渡辺潤 (著)

スポンサードリンク 卒業旅行帰りの大学生7人が事故で轢いてしまった、“異形の何か”。その出遭いこそが、悪夢の始まりだった。前途洋々だったはずの若者たちに、突如下される“余命7日間”の宣告。逃れる術は、 …

no image

僕だけがいない街 第1巻|三部 けい (著)

スポンサードリンク 毎日を懊悩して暮らす青年漫画家の藤沼。ただ彼には、彼にしか起きない特別な症状を持ち合わせていた。それは…時間が巻き戻るということ! この現象、藤沼にもたらすものは輝く未来? それと …

no image

アルスラーン戦記 第1巻|田中芳樹 (著), 荒川弘 (著)

スポンサードリンク 国が燃えている…。世界はどれだけ広いのか? 強国「パルス」の王子・アルスラーンは、いまだ何者でもなく、ただ好奇心にあふれていた。「頼りない」「気弱」「器量不足」と言われたアルスラー …