グルメ タイムトラベル ミリタリー・戦争 少年漫画 歴史 男性主人公

信長のシェフ 第12巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

投稿日:

スポンサードリンク

浅井・朝倉を滅亡させた信長にとって、敵は石山本願寺と武田という二強となった。その宿敵・石山本願寺へ楓を奪還すべく向かったケンは、顕如よりケンと引き換えならばとの条件を提示される。それを拒絶したケンは…。アマゾンより引用

 

信長のシェフ 第12巻

 

第11巻からの続きになります。今回の表紙はケンが左手にまる鍋を落ち、お米のようなものを炒めているシーンが描かれていますので、チャーハンでも作っている感じでしょうか?、背景の色はオレンジ色になっています。

本願寺の台所で、ケンはかつての恋人で平成の時代からタイムスリップしてきた女性ようこが見守る中、料理をつくることになるのですが、記憶を失っているケンは料理を作っている最中に、俺が働いていたのはフレンチの店ですかと質問します。

ようこは記憶があるらしく、ええ、昼はバイキングスタイルだったけど、夜はフレンチを主体とした西洋料理を提供していたわと答えます。また、楓を救出するためにこの料理を作らないといけない状態のようです。

ケンは精進料理を完成させ、それを運ぶと、それを見た本願寺顕如の配下からこれは精進料理ではないと指摘されるのですが、顕如は構わず食べながら、これは日本の料理ではないですね、何処のどういった料理なのですか?とケンに問います。

スポンサードリンク


ケンは、イタリアと言う国の料理ですと答え、本来ならアンチョビという塩漬けにした小魚を使うのですが、代用として塩蔵・熟成が共通点である梅干しを使っておりますと返します。

更には青菜のトルティージャを食べた顕如の配下がふわふわとした食感、卵をつかっているのではないか?と確認すると、ケンはいえ、卵の代わりに山芋をすりおろしたものに梔子を、じゃがいもの代わりに里芋を使用していると答えます。

今回の精進料理は、ロシア、ドイツ、フランス等、以上の帝が食したことがない精進料理であることを告げ、それを聞いた顕如の配下が顕如がケンに拘る理由がわかる気がしましたと納得をし、顕如が横で見ていたようこに同じように作れるか?と聞くと、ようこは、いいえ、出来て2,3品・・・と答えます。

顕如はケンを織田のものとに置いておけない理由は、それであり、外交の場において料理は一つの武器となりうるものであり、ケンが作る西洋料理は誰にも真似ができないため、織田の力の一部となる、これは良くない、良くないといい、明智光秀に返答を迫ります。

その時、ケンは、ならば俺の得手、顕如様におあずけしましょう、これでいかがでしょか?と提案し、顕如の許可なくして西洋料理を作らないことを誓い、それと引き換えに顕如に捉えられていた楓を無事に開放することに成功するのでした。

これにより、ケンは今後、西洋料理を作ることができなくなります。

スポンサードリンク

-グルメ, タイムトラベル, ミリタリー・戦争, 少年漫画, 歴史, 男性主人公
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

アンゴルモア 元寇合戦記 第1巻|たかぎ 七彦 (著)

スポンサードリンク 中世ヨーロッパを席巻し、恐怖の大王=アンゴルモアの語源との説もあるモンゴル軍。1274年、彼らは遂に日本にやって来た!博多への針路に浮かぶ対馬。流人である鎌倉武士・朽井迅三郎は、こ …

no image

コンシェルジュインペリアル 第5巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (案)

スポンサードリンク クインシーホテルの高齢者向けバスツアーに付き添いで来た優菜。そこには父親であり、スーパーコンシェルジュである最上拝の姿があった。そんなふたりのもとへ、母親の預金通帳を見つけてくれと …

no image

プラチナエンド 第1巻|大場つぐみ (著), 小畑健 (著)

スポンサードリンク 「私が“生きる希望”をあげる」 架橋明日は家族を事故で失い、引き取られた親戚のもとでも辛い日々を送っていた。全てに絶望した少年は、中学校を卒業したその日、ビルの屋上から身を投げる。 …

no image

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ  第5巻| 大西巷一 (著)

スポンサードリンク フス派の援軍として現れた、全裸の男女の軍団アダム派。少女兵シャールカは、その一員となっていた懐かしい友ガブリエラと再会を果たす。ガブリエラに誘われるまま、アダム派のミサに参加したシ …

no image

インフェクション 第1巻|及川徹 (著)

スポンサードリンク 友人達によって、学校の倉庫に閉じ込められてしまった高校生・天宮晴輝と、そこに居合わせた少女・磯波きらら。ただのいたずらのはずが……、なぜか開かない扉。二人は三日に及ぶ苦闘の末、どう …