ミステリー 女性主人公 少年漫画 推理

万能鑑定士Qの事件簿 第2巻 |神江 ちず (著), 清原 紘 (企画・原案), 松岡 圭祐 (原著)

投稿日:

スポンサードリンク

万能鑑定士・凜田莉子。彼女はいかにして万能鑑定士になりえたのか?沖縄県波照間島から上京してきた5年前の出来事が明らかに!!莉子と小笠原の関係にも微妙な変化が?“力士シール”の謎に迫る待望の第2巻!! アマゾンより引用

 

万能鑑定士Qの事件簿 第2巻

 

第1巻からの続きになります。表紙には主役である凜田莉子が後ろで腕を組んでいる様子が描かれていて、茶色のドレスを着てじっと正面を見つめています。前巻の続きからになりますので、早速中身を見ていく事にします。

沖縄県波照間島。人口約500人の日本最南端の有人島。島内の酒造所では生産量の少ない泡盛、泡波を生産しており、南十字星を好条件で観測できる数少ない場所としても有名、石灰岩質の土地のため、住民は年中干ばつや水不足に悩まされる。

万能鑑定士Q 凜田莉子の出身地・・・。

この巻の序盤は凜田莉子の意外な学生時代の話から始まるようです。

石垣島の八重山高校の生徒であった凜田莉子は明朗快活、容姿端麗、感受性はひときわ強く、遅刻0、欠席0の皆勤賞・・・。そんな凜田莉子を見る担任教師から教室に呼ばれた凜田莉子は歴史のテストでダビデ像の作者をキリマンジャロと答えていました。

いわゆる、馬鹿である・・・。答えはミケランジェロ。

スポンサードリンク


通知表の評価は5段階評価でオール1、正確には体育と音楽は3,美術は2、三年生に進級できたのも奇跡と呼べるほどのお馬鹿さんである。

そして、進路希望書には、とりあえず東京に出て、就職先はそれから探しますとだけ書いて担任に出してしまっている為、担任から俺を馬鹿にしとるんか?と怒鳴られてしまう高校3年生18歳の凜田莉子でした。

東京に宛もなく、通知表もオール1の凜田莉子が話すには、東京は仕事が沢山ありそうだし、お給料も高いから東京に出ていってから努力をすればいいと担任に答えると、担任はそれじゅあ水商売しかないと呆れて話します。

凜田莉子はそれを聞いて水商売、水を販売する商売をやりたいと言い始め、カバンの中から怪しげなが通信教材を取り出し、これで2ヶ月で東大レベルになると担任に説明し始めたため、担任は起こってこのいかがわしい業者に電話を行い、そこで金の支払いを要求している悪徳業者を撃退して、凜田莉子はその姿を見て感動するのでした。

親の勧めでこの詐欺まがいの通信教材を申し込んだとの話を聞いた担任は、東京行きをやめさせるために、凜田莉子と同伴して船で家族が待つ自宅にいくことになったのですが、そこでは、東京行きのお祝いをしている凜田莉子の家族や親戚一同の姿があり、お酒まで平気で凜田莉子に飲ませようとしている現場を見た担任は、そこで凜田莉子の家族の本当の意図、なぜ東京行きを決めたのかを知ることになります。

スポンサードリンク

-ミステリー, 女性主人公, 少年漫画, 推理
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研究所〜 第6巻|よしづき くみち(著)

スポンサードリンク それぞれの世界で懸命に生きることを決意した亜紀と瑞紀。しかし、彼女たちを狙う陰謀はその凶暴な本性を見せ始め…。タイムトラベル装置を巡る二人の姉妹と二つの世界の物語、遂に衝撃の完結─ …

no image

五時間目の戦争 第1巻|優 (著)

スポンサードリンク 瀬戸内の離島の中学校。新たな授業として三年生たちに課されたのは、正体不明の敵との「戦争」だった! ところが、クラス一の俊足の双海朔と、その幼馴染の安居島都の二人だけは、なぜか出兵不 …

no image

君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研究所〜 第4巻|よしづき くみち(著)

スポンサードリンク そこは失われたはずの未来にある、もうひとつの春日研究所。十年前の大災禍で姉・亜紀を失った瑞紀は、姉の遺した研究を引き継いだ。過去をかえる事ができない時間旅行。その意義を見出せぬまま …

no image

DEAD Tube ~デッドチューブ~ 第6巻|北河トウタ (著), 山口ミコト (著)

スポンサードリンク 殺人鬼クレイジーラスカルを撮影すれば、1秒毎に100万円のボーナスゲーム!! 前巻から続く「孤島編」、ついに殺人鬼の正体が判明!! そして、最悪の結末に…!! 不吉な予感で胸のざわ …

no image

アバンチュリエ 第1巻|森田 崇 (著), モーリス・ルブラン (原著)

スポンサードリンク ミステリーの世界でホームズと並ぶ永遠のヒーロー、アルセーヌ・ルパン。貴族や金持ちからしか盗まない怪盗であり女性には優しい義賊の顔も持つ。ベル・エポックの時代を駆け抜けた冒険家(アバ …