ミステリー 女性主人公 少年漫画 推理

事件記者トトコ!  第1巻|丸山 薫 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

バカな子ほどかわいい! 立派なカメラを持っていて、事件の鍵を握る警部と仲良しで、上司や同僚にも恵まれている――それなのに、スクープをまったく取ってこれないという新米記者トトコ。だが今日もまた、あんパン咥えて元気に事件を追うのだった!
『ストレニュアス・ライフ』の丸山薫、初の長編連載は、“日本一残念な記者トトコ”を描くドタバタコメディー。連載第1話~第7話に加え、描き下ろし番外編も収録。アマゾンより引用

 

事件記者トトコ!  第1巻

 

表紙には、アンパンを咥えたまま、かなり古いカメラ(映写機)を手に持ち、スーツ姿で走っている女性が描かれており、その背景には昭和初期の頃のような車や建物、ガス灯などがありますので、タイトルの事件記者トトコから察して、少し古い時代設定の推理サスペンスかな?と感じる表紙になります。

では、早速、見ていくことにしましょう。

首都を騒がす、怪盗大暗黒仮面!!観念して正義の裁きを受けなさいと勢いに乗っているトトコが、時計台の上に登ろうとしていたところ、何やってんだ降りろと周囲から言われ、ご心配なくと返します。

しかし、下から見上げていた先輩たちは、お前の心配なんかしてねぇ、邪魔なんだよと、序盤からトトコはドジっ子キャラ全開のようです。

そもそも、それは記者の仕事じゃねーだろと更に突っ込まれると、そうでしたとトトコは納得し、怪盗大暗黒仮面にこの道に入ったきっかけはなんですか?とインタビューを開始するのですが、あっさりとノーコメントと言われ、そのまま大暗黒仮面は気球のようなものに乗って逃亡してしまいます。

スポンサードリンク


結果、トトコは落下し、下にいた先輩たちは気絶をしてしまう大失態・・・。

トトコの新聞社だけこのネタをから特選落ちしてしまい、グラマーなスタイルの女性上司に謝るトトコと現場に同行していた先輩だったのですが、あの大暗黒仮面から肉声コメントを取れたのは業界初だと上司に駆け寄ると、あっさりとノーコメントはコメントのうちに入らないと却下されます。

トトコはなぜか上司であるグラマーなデスクから気に入られているようで、その話を同僚から振られると、私のうちに秘めたジャーナリストとしての才能を見抜いてくださっているからだと自信満々に語るのですが、それを聞いた同僚は一斉にそれはないとの回答でした。

落ち着きはない、集中力もない、騒がしい、たまに静かなだと思うと、デスクの前で寝ている始末、そんなドジっ子記者のトトコは御大層なカメラを持っていて、なんでもローライフレックスといういざという時のための最終兵器だそうです。

そんな感じで、屋台のラーメン屋で同僚と話をしていたトトコは、突然目の前をあの大暗黒仮面が歩いていたのを見たといい、急いで尾行をすることになるのですが、途中で聞き込みをするために倉庫に入った先は、国際武器密輸組織、三月の赤いニシン団のアジトだったのです。

果たしてトトコと先輩のイリヤはこの状況から無事に脱出することができるのか?、大暗黒仮面らしき人物は一体誰だったのか?、興味があれば1巻をご覧になってみてください。

スポンサードリンク

-ミステリー, 女性主人公, 少年漫画, 推理
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

約束のネバーランド 第2巻|白井カイウ (著), 出水ぽすか (著)

スポンサードリンク GFハウスから「全員」で逃げ出す為の訓練を開始したエマ達。そんな彼らに監視者・クローネの魔の手が!? 更に新たな「仲間」を得た彼らを待っていたのは…。永遠の子供達よ、絶望に立ち向か …

no image

海賊とよばれた男 第3巻|百田尚樹 (著), 須本壮一 (著)

スポンサードリンク 日本人が好きな日本の歴史上の人物といえば、織田信長や坂本龍馬が有名だが、彼らに匹敵する日本人が、ほんの数十年前まで実在していた。この人物をモデルに描かれた『海賊とよばれた男』(百田 …

no image

君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研究所〜 第3巻|よしづき くみち(著)

スポンサードリンク 君と僕のアシアト~タイムトラベル春日研究所~ 3 (ジャンプコミックスデラックス)   君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研究所〜 第3巻   以前、どこかで …

no image

DEAD Tube ~デッドチューブ~ 第1巻|北河トウタ (著), 山口ミコト (著)

スポンサードリンク 映画研究部に所属する業得学園2年・町谷智浩は学園トップクラスの美少女・真城舞に、ある日突然、声をかけられる。なんでも2日間だけ、24時間完全密着の撮影をしてほしいとのこと。同行する …

no image

山賊ダイアリー 第7巻|岡本健太郎 (著)

スポンサードリンク 雪にも負けず岡本は行く。獲って食うために。日本特産キジ科、出会いにくさから猟師にとってトロフィーのような獲物であるヤマドリを食す岡本。猟師になって早や2年。狩猟への複雑な思いはあれ …