グルメ タイムトラベル 男性主人公

異世界居酒屋「のぶ」 第1巻|ヴァージニア二等兵 (漫画), 蝉川 夏哉 (原作), 転 (その他)

投稿日:

スポンサードリンク

古都アイテーリアの裏路地に繋がった、居酒屋「のぶ」。異世界の住民達は、馴染みのない異国風の料理と冷えた「トリアエズナマ」のあまりの美味さに次々と虜になっていくのだが…!?異世界グルメファンタジー開幕! アマゾンより引用

 

 異世界居酒屋「のぶ」 第1巻|ヴァージニア二等兵 (漫画), 蝉川 夏哉 (原作), 転 (その他) 

 

表紙には居酒屋の中でビールと唐揚げを持った店員らしき日本人の女性が後ろを振り向いているのですが、よく見ると店内にいる客は、中世のヨーロッパのような服装をしている違和感のある外国人ばかりなので、この居酒屋は何か特別な事情があるようです。

早速、中身を見ていくことにしましょう。

場所は中世のヨーロッパのような城壁の古都アイテーリアにて、隊長の命令で全員整列をしていた兵士たちが、それが終わると今日は給料日だといいながら、仲の良さそうな兵士2人で歩きつつ居酒屋「のぶ」という看板の店に向かっているようです。

この店を見る感じ、どう見ても時代設定とは場違いなこの居酒屋「のぶ」には何か秘密があるようですね。

そうして、のぶの入り口がガラス製であるのを見て、相当な高級店であるのかと思った兵士たちは支払いは大丈夫なのか?と、それを気にしながら、店内に入っていくのでした。

スポンサードリンク


店内には中世ヨーロッパのような世界とは場違いな、現在の日本の居酒屋になっており、そこで表紙に出ていた女性がいらっしゃいませと言いながら、入ってきた2人に生ビールを提供すると、そのコップがガラスで出ているのを見て、とても驚くのでした。

ちなみに、ビールのことを兵士たちはエールと呼んでいるようです。

恐る恐る、そのガラスのコップに注がれているエールを飲むと、兵士の一人が牛のションベンだと言い、それを聞いたもう一人の兵士が、は?と反応していると、美味いとか不味いとかそんなもんじゃない。段違いすぎる。今まで飲んでいたエールは牛の小便だと感動しながら驚いています。

次に出てきたのは、オトーシであり、単に枝豆を塩で茹でたよくあるものなのですが、それを食べた兵士たちは、生に合う、うまいうまいと言ってオトーシの枝豆をビールを飲みながら味わっていて、タイショー、今日は何を食べさせてくれるのか?と聞くと、今日はおでんだと答えます。

この兵士たち、普段はとてもまずい戦闘食を食べているらしく、あまりの旨さに感動。

オデン?、初めて聞く名前だと不思議がる兵士ふたりに、オデンが出され、プルストは入っていないのか?、兵士は不思議そうにタイショーに尋ねるのですが、見たこともないこのオデンを見た兵士たちはひとくち食べて、その旨さに更に驚くことになり、アツカンと一緒にうまいうまいと感動しながらオデンを食べていきます。

この漫画、どうやら中世のヨーロッパぽい城壁の中に、日本の居酒屋が営業してるまったりとしたグルメ漫画のようですね。

スポンサードリンク

-グルメ, タイムトラベル, 男性主人公
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

山賊ダイアリー 第4巻|岡本健太郎 (著)

スポンサードリンク 身悶えるジビエ(野生肉)の愉悦! とある日は牛タンより美味(!?)なイノシシのタンに舌鼓。またある日は、オスのイノシシの臭味に悶絶。狩りに釣りにイモ掘りに、新米ハンター・岡本は今日 …

no image

いぶり暮らし 第1巻|大島千春 (著)

スポンサードリンク 週に一度のお休みが被る日曜日。 頼子と巡は、この一日を贅沢に過ごすため、燻製に挑戦してみるのでした。 ゆっくり待って、おいしくいただく。 夜ご飯がちょっと楽しくなる、幸せグルメ漫画 …

no image

GANTZ  第1巻|奥浩哉 (著)

スポンサードリンク 地下鉄のホームで撥ねられ死んだはずの玄野、加藤は謎のマンションの一室に一瞬にして転送される。そこに置かれた得体の知れない黒い球の指令により、ねぎ星人の暗殺を命じられた玄野らは、状況 …

no image

アンゴルモア 元寇合戦記 第6巻|たかぎ 七彦 (著)

スポンサードリンク 防人の末えいである刀伊祓(といばらい)たちと合流し、古代の山城「金田城」に集結した対馬軍。先人が築いた堅牢な城壁を利用し蒙古を撃退せんとする朽井だったが、意外な人物の裏切りが発生! …

no image

エデンの檻 第1巻| 山田 恵庸 (著)

スポンサードリンク グアムでの修学旅行の帰路、アキラたちは原因不明の飛行機事故に見舞われた! 気を失って目覚めたのは、見たこともない動物が生息しているジャングル。その島は絶滅したはずの動物が闊歩し、し …