ギャンブル 女性主人公 学園 青年漫画

賭ケグルイ双 第1巻|河本 ほむら (著), 斎木 桂 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

夢子の対(つい)にして、双(ツイン)。早乙女芽亜里の賭博譚。百花王学園に夢子はいない。夢子が学園に転校してくる一年前。ごく普通の少女・早乙女芽亜里は編入試験に合格し百花王学園に入学する。しかし彼女を待ち受けるのは学園の狂った掟、賭博の洗礼だった。これは賭ケグルイ前史、もう一人の「異邦人」の物語。 アマゾンより引用

 

賭ケグルイ双 第1巻

 

表紙には腕を組んで前方をじっと見ている金髪でツインテールの女子高生が立っています。賭ケグルイ双のタイトルですから、これがギャンブル系の漫画であることは表紙からもわかりますので、早速見ていくことにしましょう。

人間には生まれながらに格差がある、体力、頭脳、容姿、感性、そして金。

何ら責任なく、分けられる勝者と敗者、私はそれに我慢ができなかった・・。そして表紙に描かれていた金髪でツインテールの女子高生がこの学校に初めて通うところから始まるのですが、市立百花王学園は創立121年の名門らしく、通うのは政財界の有力者の子女。

生まれながらに日本を統べる役割を与えられている勝者たちであり、広大な敷地や十二分の設備に優秀な教師陣。それをとっても日本最高の環境。この学園を出て勝者の仲間入りをする私はお嬢様だ・・と金髪のツインテールの女子高生、芽亜里は教室に入っていきます。

スポンサードリンク


しかし、そこにはかつての小学生時代のクラスメートが居たため、お嬢様を演じるつもりが全て狂ってしまう芽亜里だったのですが、それよりも教室の中のただならぬ雰囲気が気になっているようで、それについて花手毬に、皆何をやっているの?と尋ねます。

教室内で堂々とお金のやり取りをやっており、ルーレットを囲んで明らかなギャンブルを行っている生徒たちは、何でも昔からの校風で、百花王学園ではギャンブルは自由、むしろ奨励されていること、日本を動かしていく若者に必要なのは勝負強さである・・・とのことです。

そいて、花手毬が話すには、毎年編入生が狙われるため、芽亜里がギャンブルに慣れていないからカモにされるかもしれないと意味深な顔をして話すのですが、芽亜里はギャンブルなんか興味がないと返していた所、突然編入生さんと声をかけられます。

その相手は愛浦心と名乗り、笑顔で話しかけてきたのですが、つづらと話しているってことは、まだ学園のルールを知らないよね?と言い、つづらが掲げているミケと書かれた名札、アレは家畜であることを示す家畜票であることを告げられます。

そして、ペットボトルを取り出し、家畜は人間様に逆らえないのと言いながら、花手毬の頭からペットボトルの水をかけ始め、コイツはいいのミケだからと大笑いを始め、花手毬も反抗する石がないことを示すのでした。

この異常な学園の中で、芽亜里は愛浦心といきなりギャンブルでの対決をすることになったのでした・・・。果たして芽亜里は無事に勝利することが出来るのか?

スポンサードリンク

-ギャンブル, 女性主人公, 学園, 青年漫画
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

DEATH NOTE  第1巻|大場つぐみ (著), 小畑健 (著)

スポンサードリンク このノートに名前を書かれた人間は死ぬ…。死神 リュークが人間界に落とした一冊のノート「DEATH NOTE」。ここから、二人の選ばれし者「夜神月」と「L」の壮絶な戦いが始まる!!  …

no image

蒼き鋼のアルペジオ 第01巻 |Ark Performance (著)

スポンサードリンク 蒼き鋼のアルペジオ(1) (ヤングキングコミックス)   蒼き鋼のアルペジオ 第01巻   表紙には潜水艦らしきものと左手に不思議な模様がある女性が描かれていま …

no image

バトル・ロワイアル 第1巻|田口雅之 (著), 高見広春 (著)

スポンサードリンク 生存者1名になるまで殺し合わなければならないという殺人実験“プログラム”に巻き込まれた中学3年生42人の悲劇!! アマゾンより引用 バトル・ロワイアル(1) (ヤングチャンピオン・ …

no image

人狼ゲーム 第1巻|川上亮 (著), 小独活 (著)

スポンサードリンク 高校2年生の仁科愛梨は、ある晩何者かに拉致されてしまう。目覚めると、謎の密閉空間に同じ高校の生徒たちが集められていて、強制的に「人狼ゲーム」に参加させられることになる。そしてそれは …

no image

事件記者トトコ!  第1巻|丸山 薫 (著)

スポンサードリンク バカな子ほどかわいい! 立派なカメラを持っていて、事件の鍵を握る警部と仲良しで、上司や同僚にも恵まれている――それなのに、スクープをまったく取ってこれないという新米記者トトコ。だが …