ミリタリー・戦争 女性主人公 歴史 青年漫画

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ  第7巻| 大西巷一 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

フス派軍vs十字軍の熾烈な宗教戦争は続く。フス派軍指揮官ヤン・ジシュカが十字軍に降り、絶体絶命のフス派軍。さらなる奴隷を求めて少女兵シャールカらの拉致を企てるクマン騎兵。度重なる敵の非道に逆上したフス派軍は救出の為に軍を起こす。この戦いの行方は――!? Amazonより引用

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ : 7 (アクションコミックス)

 

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ  第7巻

 

第6巻からの続きになります。今回の表紙はシャールカが中央で笛を持って構えていて、後方には2人の女性が見を守ろうとしているのですが、この表紙はちょっとこのブログではきわどいカットなので掲載できませんから、実際に現物を見られたほうが早いかと思われます。早速中身を見ていくことにします。

序盤から、ラウラが笛を構えて陣取っているワゴンブルクの中から周囲を取り囲んでいる敵兵から仲間たちを防衛している洗浄から始まり、奮闘をしているですが、結局ワゴンブルクの兵たちは殆どが殺されしまい、ラウラも敵に捕まってしまう惨敗の結果に終わってしまいます。

その頃、銃声を聞きつけて駆けつけたラウラの仲間のワゴンブルクの一団が闘いを挑むことになるのですが、退却を始める敵兵達の馬は大変速度が早くて、そのまま逃げ切らそうになってしまい、それを見たシャールカが笛で雪が積もっている木の枝を狙って落雪させて、ラウラをさらっている敵兵を足止めすることに成功します。

スポンサードリンク


そこで、ラウラは敵兵の腰からナイフを奪って落雪した際に自分を去った敵兵の首を切り、何とか無事にその場から助かることになるのですが、ラウラは自分以外128人全員が戦士してしまっていて、自分の心配よりも、最後まで誰一人逃げ出さず戦い抜いた事について、それが自分たち天使の役目であると語ります。

しかし、ラウラはその場でかがみ込み、涙を流しながらもっと私たちに力があれば・・・と泣き崩れるのでした。

この頃、ジシュカは本隊とは離れ離れになっていて、皇后に捕獲されている扱いで雪山を移動していた所、味方と思っていたクマンに声をかけて合図をするといきなり弓で攻撃をされることとなり、慌ててその場から馬に乗ってジシュカをおいて逃げ出してしまいます。

ジシュカはクトナー・ホラの屋敷で自分がスコラーリの捕虜になってしまっていることを知り、その場で、この戦いは俺の負けだ、貴殿の慈悲を乞うと言い負けを認めます。

そこで、ジシュカはスコラーリに対して、まさか皇后も襲わせるとはな・・・とスコラーリに何かしらの不審な野心が在ることを感じ取り、それをスコラーリに告げることになります。

この漫画、1巻からずっとみていればわかりますが、全くぶれないほどに面白いので、多くの人に見ていただきたいです。

タイトルを見れば少女漫画のように感じる人もいるかもしれませんが、内容的にはお子様向けではないので、その点だけ注意をしてみていくとよろしいかと思います。

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ : 7 (アクションコミックス)

スポンサードリンク

-ミリタリー・戦争, 女性主人公, 歴史, 青年漫画
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

バトル・ロワイアル 第2巻|田口雅之 (著), 高見広春 (著)

スポンサードリンク デス・ゲームに乗る者たちの暗躍。死者は刻一刻と増え続ける…!!理不尽な殺人実験から逃れる術はないのか!!? アマゾンより引用 バトル・ロワイアル(2) (ヤングチャンピオン・コミッ …

no image

約束のネバーランド 第1巻|白井カイウ (著), 出水ぽすか (著)

スポンサードリンク 母と慕う彼女は親ではない。共に暮らす彼らは兄弟ではない。エマ・ノーマン・レイの三人はこの小さな孤児院で幸せな毎日を送っていた。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた。真実を知 …

no image

自殺島  第1巻|森恒二 (著)

スポンサードリンク 「自殺島」─それは、自殺を繰り返す“常習指定者”達が送られる島。主人公・セイも自殺未遂の末、その島へと辿り着いた。果たして、セイ達の運命は!? 極限サバイバルドラマ待望の第1巻リリ …

no image

真犯人!! 第3巻|門尾勇治 (著)

スポンサードリンク 20XX年、刑法第11条「死刑改正」。法務省より無作為に選ばれた国民100名は死刑執行人となり、死刑囚を処刑することを義務とする……。何者かに よって、最愛の妻・美樹を殺され、その …

no image

真犯人!! 第1巻|門尾勇治 (著)

スポンサードリンク 20XX年、刑法第11条「死刑改正」。法務省より無作為に選ばれた国民100名は死刑執行人となり、死刑囚を処刑することを義務とする……。何者かに よって、最愛の妻・美樹を殺され、その …