シリアス 女性主人公 少年漫画 歴史

アルテ 第5巻|大久保圭 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

新天地ヴェネツィアで画家として家庭教師として新たな生活を始めたアルテ。しかし彼女を待っていたのは、わがまま令嬢のカタリーナだった。カタリーナに振りまわされ悪戦苦闘するアルテだったが、ある夜、少女の“秘密”を見てしまう。 アマゾンより引用

 

アルテ 第5巻

 

第4巻からの続きになります。表紙にはヴェネツィアの水路を小舟で移動しながら、うっかりと画材の絵を水の中落としているのに気がつかないアルテが何処かを見つめているようです。中世の頃の街並みが大変良く書かれていますので、中世の時代背景が好きな人ならお勧めできる内容ですね。

初めてヴェネツィアに到着したアルテは、その港で色々な国の人達が集まっているを見てたいへん驚いているのですが、そこで大きな黒人の男性とぶつかりそうになり、それを見たアルテはこの男性が高い値で売れる商品であることを知り、人が売買されている事を知ることになります。

ヴェネツィアの水路を移動しながら、アルテは家庭教師を頼まれたカタリーナの屋敷に行くのかと思っていたら、どうやらアルテを引き抜いてきた貴族であるユーリの屋敷にさきに行く予定らしく、その屋敷に着くと当時最新の世界地図を見せられて、ヴェネツィアが世界から見ればとても小さい国であることを知ります。

スポンサードリンク


そこで、アルテはユーリの姪であるカタリーナの屋敷にすぐ行けない理由について、ユーリに訪ね始めるんですけど、ユーリは肖像像が制作の他に、カタリーナの家庭教師の仕事を依頼していたことを告げ、その家庭教師の前任の人がまだ姪の屋敷にいるため、その準備中は自分の屋敷に滞在するように伝えます。

それを聞いたアルテは、もしかして私のせいでその方が辞めさせられてしまったのか?、心配そうにユーリに尋ねると、ユーリは大笑いしながら、姪の歴代家庭教師の中で、こちらから辞めさせた人はひとりもない、今までの家庭教師は姪の行動に手を焼いてしまって辞めてしまった・・・覚悟したほうがいいと答えます。

どうやら、ユーリの姪のカタリーナは相当扱いが難しい少女のようで、それを聞いたアルテは画廊の師匠であるレオの事を思い出すのでした。

3日後。

貴族の女性の正装をしたアルテは、小舟に乗りヴェネツィアの運河を移動していくのですけど、その美しい姿を見た周囲の人たちは、思わず振り返ってしまうほどでしたので、元々貴族出身で育ちの良いアルテの女性らしさが伝わってくるシーンになります。

どうやら、アルテが着用している豪華なドレスは、ユーリの妹の服のようで、ようやく家庭教師をする予定のカタリーナの屋敷に到着をすることになります。

これから、アルテとカタリーナのやり取りが始まるわけですが、カタリーナが家庭教師に反抗的なのには理由があるらしく、アルテはその理由を知りながら複雑な事情を理解していくことになります。序盤を見ただけでも十分に面白い作品ですので、是非見ていただきたい一冊です。

スポンサードリンク

-シリアス, 女性主人公, 少年漫画, 歴史
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

アバンチュリエ 第1巻|森田 崇 (著), モーリス・ルブラン (原著)

スポンサードリンク ミステリーの世界でホームズと並ぶ永遠のヒーロー、アルセーヌ・ルパン。貴族や金持ちからしか盗まない怪盗であり女性には優しい義賊の顔も持つ。ベル・エポックの時代を駆け抜けた冒険家(アバ …

no image

三億円事件奇譚 モンタージュ 第1巻|渡辺潤 (著)

スポンサードリンク 「ボクは三億円事件の犯人の息子です」――1968年12月10日に起きた昭和史最大の未解決事件、三億円事件。大規模な捜査が行われたが、7年後に時効を迎えた……。そして時は流れ現代。1 …

no image

インベスターZ 第1巻|三田紀房 (著)

スポンサードリンク お金って何だ? 創立130年の超進学校・道塾学園に、トップで合格した財前孝史。入学式翌日に、財前に明かされた学園の秘密。各学年成績トップ6人のみが参加する「投資部」が存在するのだ。 …

no image

海賊とよばれた男 第6巻|百田尚樹 (著), 須本壮一 (著)

スポンサードリンク 昭和23年、石油の輸入自由化により、国岡(くにおか)商店は石油元売会社の指定を受けることに成功する。一方、他の元売会社は次々と欧米の石油メジャーと提携し、民族資本を守ろうとする国岡 …

no image

蛍火の灯る頃に 第1巻|竜騎士07 (著), 小池ノクト (画)

スポンサードリンク 祖母の葬式で帰省した過疎化が進むその村で、主人公とその親族が巻き込まれる「怪異」。それはこれから始まる「生き残りゲーム」の序章に過ぎなかった――。「ひぐらしのなく頃に」「うみねこの …