グルメ シリアス 女性主人公 少年漫画

ソムリエール 第1巻|城アラキ (著), 松井勝法 (著), 堀賢一 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

「はい。だから私も運命になんか負けません。」 両親を失いながらも篤志家の援助により大学の醸造科を卒業した樹カナ。自らも出身である施設で、子供達とワインを造っていた彼女の元に届いた、ある“理不尽な申し出”とは…? アマゾンより引用

 

 

ソムリエール 第1巻

 

表紙には、1989年もののワインを持ったソムリエらしき女性が描かれていますし、背景にはワインセラーが描かれていますし、タイトルがソムリエールですから、もうこれを見ただけでもワインの漫画であることが一目でわかります。

また、女性のイラストがとても綺麗に描かれていますので、それにも好感が持てる印象ですので、特にワインに興味がない立場の人間として、この漫画を手に取り中身を見ていくことにします。

場所はスイス・アルプス。

畑の土を一口食べて、やっと土が育ってきましたねと笑顔で受け答える女性がいて、それを見た年配の女性が大学のワイン醸造学って、土の味見までするの?と不思議に問い合わせるのですが、この土を食べた女性はワインはブドウが、ブドウは土が命ですから、土だって味見しなきゃと答えます。

それを聞いた年配の女性はどうやら園長らしくて、まるでモグラねと笑いながら話すと、それを見ていた周囲の子供たちも揃って土を食べ時めて、この土を食べた若い女性カナの真似をしたらダメでしょうと注意をしたものの、あなたが園に来てくれて村のワイン全体がとてもよくなったと評判であることを伝えます。

スポンサードリンク


そうやって和やかに土とぶどう、ワインについてカナや園長、子供達で話が進んでいたところ、車に乗ったスーツを着用した男性がやってきて、どうやらこの男性は弁護士のようで、園に入った瞬間子供達から泥をぶつけられてしまいます。

それを見たカナが、弁護士に対して謝罪をすることになるのですが、どうやらこの弁護士はジョンスミス氏を訪ねてきたようで、このブドウ園はこのスミス氏の援助によりやってこられたことを話すと、弁護士はそれも本日限りだと言い放ちます。

本日打ち切り?

それについてカナは弁護士に対して、もう援助を打ち切るのか?、と問いただすと、弁護士は依頼人のジョンスミスがカナに対して、あなたには東京のあるレストランで働いて欲しいと伝えます。その受け入れが可能であれば、この園に対して今後も援助を続けるとのことです。

もし断れば?、ブドウ園と20人の子供達はどうなる?、そうたずねると・・・。

弁護士はこのファームは解散、あの躾の悪い子供達は施設に戻されるだけだと告げ、カナはあの子達に親はいません、戦争や飢餓で親兄弟をなくした子供達ですと必死で食いつくのですが、弁護士は依頼人の言葉を伝えるだけですと冷たく言い放つのでした。

突然園にあわられたこの弁護士からの通知に対してカナはいったいどうするのか?、ジョンスミス氏の目的は何か?、これからソムリエールのストーリーが始まります。

スポンサードリンク

-グルメ, シリアス, 女性主人公, 少年漫画
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

信長のシェフ 第13巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 楓引き渡しの交換条件として、得意の西洋料理を封じられたケンが、使者として遣わされた先は、信玄亡きあとの武田家!信玄の温情で武田から脱出したケンにとってそこはかつて捕らわれた地だが… …

no image

亜人 第6巻|桜井画門(著)

スポンサードリンク 不死のテロリスト・佐藤(さとう)たちの大規模テロにより、亜人の恐怖が全国に蔓延した。そんな中、亜人として全人類に追われつつ寒村に潜伏していた高校生・永井圭(ながい・けい)は、同朋の …

no image

そば屋幻庵 第4巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク 道場主の娘に淡い想いを寄せる少年剣士や、妻を亡くしてやる気を失ったそば屋の主人を助けたり、最高の蕎麦の実を求めて信州に旅立ったり……勘定方の重職を早々に息子へ譲り、念願のそば屋台を …

no image

アルテ 第4巻|大久保圭 (著)

スポンサードリンク 突然アルテの目の前に現れたヴェネツィアの名門貴族ファリエル家のユーリ。ユーリはアルテに、ヴェネツィアでの仕事を依頼する。一介の徒弟にとって望外の機会だったが、それは同時にレオとの別 …

no image

巨蟲列島 第2巻|REDICE (著)、藤見泰高 (著)

スポンサードリンク 巨蟲列島 2 (チャンピオンREDコミックス)   巨蟲列島 第2巻   第1巻からの続きになります。表紙にはちょっとわざとらしい感じで巨大な昆虫から身を守ろう …