サバイバル ミステリー 女性主人公 少年漫画

約束のネバーランド 第3巻|白井カイウ (著), 出水ぽすか (著)

投稿日:

スポンサードリンク

ドンとギルダの心に生じたエマ達への疑念。刻一刻と着実に迫りくるクローネ。ついに動き出すママ・イザベラ。脱獄を前にエマ達を取り巻く状況は一変し!? 永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ! 衝撃の脱獄ファンタジー!! アマゾンより引用

 

約束のネバーランド 第3巻

 

第2巻からの続きになります。表紙にはセンターにエマがランプを手に持ち、年下の女の子を庇いながら洞窟のような場所を施設の子供たち全員をつれて脱出をしているような様子が力強く描かれていますので、そろそろ施設からの脱出に展開が進んでいくのではないかと思われます。

表紙の手前には鍵や焼けた本のページ、その周辺には手紙のような物が散らばっていますので、これらが3巻では深く関わってくるものだと思いますが、エマの希望通りに、本当に無事に全員をつれて子供を食料として出荷しているこの施設を脱出することが出来るのでしょうか?

冒頭では、施設の子供であるドンとギルダの二人が、暗い部屋に侵入して隠し部屋の在り処を探していて、ドンは俺はあいつらみたいには冷静になれない、どんな些細な手がかりでも欲しい、一刻も早くあいつを助けてやらなくちゃ・・・、そう言いながら必死になって隠し部屋を探しているんですが全然見つかりません。

それを見ていたギルダが簡単に隠し部屋の入口を見つけることになり、私も確かめたいことがあると言いながら、前巻で奪い取った鍵を使ってその扉を開こうとしています。

スポンサードリンク


その頃、図書館で本を見ていたエマ達主要な3人組は、ウィリアム・ミネルヴァ・・・と名乗る人物がこの施設に寄贈している本には何故かフクロウの蔵書票が貼られていて、どれもフクロウのマークが有るのを見ていると、微妙に書かれている円が異なっていることに気が付き、このフクロウのマークがモールス信号であることに気が付きます。

そのモールス信号で書かれたマークには、逃げろ、疑え、危険、真実、収穫、怪物、農園・・・といったこの施設で起こっている事実を示すような内容ばかりが書かれており、外の正解から施設の子供たちにむけて書かれているモールス信号であることを知った3人は、外の正解に味方がいるかもしれないと期待を持ちます。

ミネルバを名乗る人物は、外の世界にいて農園(施設)の存在を知っており、間接的ではあるけど、エマたちを助けようとしていて、最近の本にもフクロウのマークが貼り付けられていることを知り、更に2冊ほど良くわからないモールス信号が書かれていないマーク、約束と書かれているマークの本を見るけることになります。

この2冊の本は、他の本とは違って特別な本らしくて、ところどころページが破かれている部分もあり、自分たちにとって大変有益な可能性がある本であると期待をします。

孤児院で育てられていた子供たちが、実は食料として鬼に出荷されていることを知り、施設から脱出を図る衝撃のストーリーなんですけど、予想以上に面白いので是非おすすめしたい作品です。

スポンサードリンク

-サバイバル, ミステリー, 女性主人公, 少年漫画
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

アンゴルモア 元寇合戦記 第3巻|たかぎ 七彦 (著)

スポンサードリンク 対馬に陸続と上陸する蒙古軍に一矢報いるため、夜襲を仕掛けた対馬軍!だが、女真族出身の征東軍副元帥・劉復亨が驚異的な戦闘力で迎え撃つ!身内の裏切りもあり苦境に立つ朽井!危機を脱するこ …

no image

海賊とよばれた男 第2巻|百田尚樹 (著), 須本壮一 (著)

スポンサードリンク 戦後、倒産の危機を迎えていた石油販売会社・国岡商店。終戦後、国内には自由にできる石油はなく、会社存続のため乗り出した本業以外の事業も芳しくなかった。進退窮まる中、突如石油を取り扱う …

no image

LIAR GAME 第1巻|甲斐谷忍 (著)

スポンサードリンク ある日突然送られてきた小包。その中には「おめでとうございます。あなたは10万分の1の確率をくぐりぬけ、ライアーゲームにエントリーされました」という手紙と、現金1億円が同封されていた …

no image

彼岸島 第1巻|松本光司 (著)

スポンサードリンク 吸血鬼が棲む孤島、彼岸島(ひがんじま)――。踏み入れたら最後、再び生きて還ることはない……。大学に合格したばかりの宮本明(みやもと・あきら)の兄は、2年前に行方不明となっていた。実 …

no image

亜人 第3巻|桜井画門(著)

スポンサードリンク 既存の人類との共生か、それとも敵対か――。亜人となった永井圭が最初に接触を試みた同朋、「帽子」こと佐藤の正体は凶暴なテロリストであった。自分に凄惨な人体実験を行った当局の研究員の命 …