サバイバル ミステリー 女性主人公 少年漫画

約束のネバーランド 第3巻|白井カイウ (著), 出水ぽすか (著)

投稿日:

スポンサードリンク

ドンとギルダの心に生じたエマ達への疑念。刻一刻と着実に迫りくるクローネ。ついに動き出すママ・イザベラ。脱獄を前にエマ達を取り巻く状況は一変し!? 永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ! 衝撃の脱獄ファンタジー!! アマゾンより引用

 

約束のネバーランド 第3巻

 

第2巻からの続きになります。表紙にはセンターにエマがランプを手に持ち、年下の女の子を庇いながら洞窟のような場所を施設の子供たち全員をつれて脱出をしているような様子が力強く描かれていますので、そろそろ施設からの脱出に展開が進んでいくのではないかと思われます。

表紙の手前には鍵や焼けた本のページ、その周辺には手紙のような物が散らばっていますので、これらが3巻では深く関わってくるものだと思いますが、エマの希望通りに、本当に無事に全員をつれて子供を食料として出荷しているこの施設を脱出することが出来るのでしょうか?

冒頭では、施設の子供であるドンとギルダの二人が、暗い部屋に侵入して隠し部屋の在り処を探していて、ドンは俺はあいつらみたいには冷静になれない、どんな些細な手がかりでも欲しい、一刻も早くあいつを助けてやらなくちゃ・・・、そう言いながら必死になって隠し部屋を探しているんですが全然見つかりません。

それを見ていたギルダが簡単に隠し部屋の入口を見つけることになり、私も確かめたいことがあると言いながら、前巻で奪い取った鍵を使ってその扉を開こうとしています。

スポンサードリンク


その頃、図書館で本を見ていたエマ達主要な3人組は、ウィリアム・ミネルヴァ・・・と名乗る人物がこの施設に寄贈している本には何故かフクロウの蔵書票が貼られていて、どれもフクロウのマークが有るのを見ていると、微妙に書かれている円が異なっていることに気が付き、このフクロウのマークがモールス信号であることに気が付きます。

そのモールス信号で書かれたマークには、逃げろ、疑え、危険、真実、収穫、怪物、農園・・・といったこの施設で起こっている事実を示すような内容ばかりが書かれており、外の正解から施設の子供たちにむけて書かれているモールス信号であることを知った3人は、外の正解に味方がいるかもしれないと期待を持ちます。

ミネルバを名乗る人物は、外の世界にいて農園(施設)の存在を知っており、間接的ではあるけど、エマたちを助けようとしていて、最近の本にもフクロウのマークが貼り付けられていることを知り、更に2冊ほど良くわからないモールス信号が書かれていないマーク、約束と書かれているマークの本を見るけることになります。

この2冊の本は、他の本とは違って特別な本らしくて、ところどころページが破かれている部分もあり、自分たちにとって大変有益な可能性がある本であると期待をします。

孤児院で育てられていた子供たちが、実は食料として鬼に出荷されていることを知り、施設から脱出を図る衝撃のストーリーなんですけど、予想以上に面白いので是非おすすめしたい作品です。

スポンサードリンク

-サバイバル, ミステリー, 女性主人公, 少年漫画
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

きららの仕事 ー江戸前鮨職人 第1巻|早川 光 (著), 橋本 孤蔵 (著)

スポンサードリンク 銀座一の鮨店にひとり現れた少女が握りの技で職人を打ち負かした…。そんな「辻斬り」の噂を聞きつけグルメ記者の高野は真相解明に乗り出す。ようやくたどり着いた先は、下町の小さな鮨店。そこ …

no image

そばもん 第1巻|山本 おさむ (著)

スポンサードリンク そばもん 1 (ビッグコミックス)   そばもん 第1巻   表紙を見ればわかる通り、そばを題材とした漫画であり、そば切り包丁でそばを切る男性と、その男性が大き …

no image

医龍 第1巻|永井明 (著), 乃木坂太郎 (著)

スポンサードリンク NGOキャンプで優秀な外科医として働いていた朝田は、今は医者を辞め、悠々自適の田舎暮らしの毎日。そこへ大学助教授の加藤が現れ、彼を自分の大学病院に迎えようとする。だが、朝田はまるで …

no image

アバンチュリエ 第1巻|森田 崇 (著), モーリス・ルブラン (原著)

スポンサードリンク ミステリーの世界でホームズと並ぶ永遠のヒーロー、アルセーヌ・ルパン。貴族や金持ちからしか盗まない怪盗であり女性には優しい義賊の顔も持つ。ベル・エポックの時代を駆け抜けた冒険家(アバ …

no image

信長のシェフ 第15巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 織田・徳川と武田の決戦・長篠の戦いが迫る中、戦場となる村に捕らわれたケン。武田側についた村人を説得し、戦が始まる前に一夜にして城を築かねばならないが、武田勝頼は織田・徳川軍の眼前へ …