サバイバル ミステリー 女性主人公 少年漫画

約束のネバーランド 第3巻|白井カイウ (著), 出水ぽすか (著)

投稿日:

スポンサードリンク

ドンとギルダの心に生じたエマ達への疑念。刻一刻と着実に迫りくるクローネ。ついに動き出すママ・イザベラ。脱獄を前にエマ達を取り巻く状況は一変し!? 永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ! 衝撃の脱獄ファンタジー!! アマゾンより引用

 

約束のネバーランド 第3巻

 

第2巻からの続きになります。表紙にはセンターにエマがランプを手に持ち、年下の女の子を庇いながら洞窟のような場所を施設の子供たち全員をつれて脱出をしているような様子が力強く描かれていますので、そろそろ施設からの脱出に展開が進んでいくのではないかと思われます。

表紙の手前には鍵や焼けた本のページ、その周辺には手紙のような物が散らばっていますので、これらが3巻では深く関わってくるものだと思いますが、エマの希望通りに、本当に無事に全員をつれて子供を食料として出荷しているこの施設を脱出することが出来るのでしょうか?

冒頭では、施設の子供であるドンとギルダの二人が、暗い部屋に侵入して隠し部屋の在り処を探していて、ドンは俺はあいつらみたいには冷静になれない、どんな些細な手がかりでも欲しい、一刻も早くあいつを助けてやらなくちゃ・・・、そう言いながら必死になって隠し部屋を探しているんですが全然見つかりません。

それを見ていたギルダが簡単に隠し部屋の入口を見つけることになり、私も確かめたいことがあると言いながら、前巻で奪い取った鍵を使ってその扉を開こうとしています。

スポンサードリンク


その頃、図書館で本を見ていたエマ達主要な3人組は、ウィリアム・ミネルヴァ・・・と名乗る人物がこの施設に寄贈している本には何故かフクロウの蔵書票が貼られていて、どれもフクロウのマークが有るのを見ていると、微妙に書かれている円が異なっていることに気が付き、このフクロウのマークがモールス信号であることに気が付きます。

そのモールス信号で書かれたマークには、逃げろ、疑え、危険、真実、収穫、怪物、農園・・・といったこの施設で起こっている事実を示すような内容ばかりが書かれており、外の正解から施設の子供たちにむけて書かれているモールス信号であることを知った3人は、外の正解に味方がいるかもしれないと期待を持ちます。

ミネルバを名乗る人物は、外の世界にいて農園(施設)の存在を知っており、間接的ではあるけど、エマたちを助けようとしていて、最近の本にもフクロウのマークが貼り付けられていることを知り、更に2冊ほど良くわからないモールス信号が書かれていないマーク、約束と書かれているマークの本を見るけることになります。

この2冊の本は、他の本とは違って特別な本らしくて、ところどころページが破かれている部分もあり、自分たちにとって大変有益な可能性がある本であると期待をします。

孤児院で育てられていた子供たちが、実は食料として鬼に出荷されていることを知り、施設から脱出を図る衝撃のストーリーなんですけど、予想以上に面白いので是非おすすめしたい作品です。

スポンサードリンク

-サバイバル, ミステリー, 女性主人公, 少年漫画
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

信長のシェフ 第8巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 比叡山の焼き討ちを知り、将軍・足利義昭は武田信玄に挙兵を促す。一方、顕如は菓子職人・ようこに対し、信長に毒を盛るよう命じる。その策略を知らず、信長は顕如との和睦の席に臨み…。織田包 …

no image

アンゴルモア 元寇合戦記 第1巻|たかぎ 七彦 (著)

スポンサードリンク 中世ヨーロッパを席巻し、恐怖の大王=アンゴルモアの語源との説もあるモンゴル軍。1274年、彼らは遂に日本にやって来た!博多への針路に浮かぶ対馬。流人である鎌倉武士・朽井迅三郎は、こ …

no image

ライジングサン 第1巻|藤原さとし (著)

スポンサードリンク ニュースや本じゃわからない自衛隊の”今”を、18才の新隊員たちを主人公に、細部までとことんリアルに、ドラマは最高に熱く描く、笑いと涙の青春自衛隊ストーリー!災害派遣で被災者に感動を …

no image

エデンの檻 第19巻| 山田 恵庸 (著)

スポンサードリンク 病に冒された操栖(くるす)を救うため、極悪非道の医師・錦織(にしきおり)に全面戦争を仕掛けるアキラたち。一旦は錦織を捕らえることに成功したものの、マインドコントロールされた「奴隷」 …

no image

監獄実験―プリズンラボ―  第1巻|貫徹 (著), 水瀬チホ (画)

スポンサードリンク 夏休み前最後の登校日、理不尽ないじめの日々に絶望する高校生・江山藍都のもとに、奇妙な手紙が届いた。それは、誰でも好きな相手を、1か月間監禁できるという「監禁ゲーム」への招待状だった …