乗り物 女性主人公 青年漫画

彼女のカレラ 第1巻|麻宮 騎亜 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

轟 麗菜は、22歳。月刊「プレイガイズ」誌の編集者。父が亡くなり、麗菜には目にも鮮やかな1台の車・ポルシェのカレラ964が遺された。だが、テクニックの未熟さも手伝い、トラブル続出! とはいえ、徐々にその魅力に目覚めはじめる麗菜。ある日、フェラーリを駆る謎の女に遭遇するが…!? アマゾンより引用

 

彼女のカレラ 第1巻

 

表紙にはピンク色のポルシェ911(964)のボンネットに座っている若い女性が描かれており、ひと目で分かる通りものすごく丁寧な書き込みでポルシェ911が描かれています。また、この911は964モデルと各種カタログスペックの詳細も書かれているので、相当ポルシェに詳しい漫画の展開になるのではと予想できますね。

箱根の峠道を走るポルシェ911を運転する女性のすぐ後ろには、エスティマがベタ付けで煽りながら走行しており、素人丸出しの運転で、「いやあああああ」と叫びながら、そのピンク色のポルシェを運転している女性・轟麗奈22歳は月刊コミックプレイガイズの編集をしているらしく、どうやら轟麗奈が箱根でポルシェ911を運転しているのには何か理由があるようです。

話は三ヶ月前にさかのぼり、どうやらこの際に父親がなくなってしまったようで、そこで兄弟姉妹が全員母親に呼び出されて、一人ずつ何かの鍵が渡されます。長男にはこの家と土地の鍵、次男にはクルーザーの鍵、そして轟麗奈にはガレージの鍵が渡されます。

スポンサードリンク


そして、そのガレージを確認すると、あのピンク色のポルシェ911(964)が置かれてったのですが、964はMTのため、AT限定免許の轟麗奈はAT解除のために教習所に通うことになります。

それまで所有していたAT仕様のマーチを30万円で売却して、その費用を保険代に割り当てて、父親から受け継いだポルシェ911に乗り込む事になったのですけど、教習所の車と全然違う為、戸惑ってしまった轟麗奈は信号待ちですら発信できずに後続の車から、クラクションを鳴らされてしまう状態になってしまいます。

道路の真ん中でエンストをして困っていると、近くにいた車に詳しい同僚が駆けつけてくれて、そのままポルシェ専門店までローダー車に乗せて運んでくれることになるのですが、その姿を後方から同僚の車の助手席に乗りつつ見ていた轟麗奈は何故かしら悲しい気持ちになるのでした。

ポルシェ専門店に到着後、エンストした原因を調べてもらうと、どうやらDMEリレーが古いタイプだったらしく、それを新しいモデルに変更することにより、無事に動かすことが出来るようになりました。

序盤を見た感じでは、レースバトル系でもなくて、エンジニア系でもなく、雑誌編集をしている素人の若い女性が遺産のポルシェを引き継いでいく流れのようなので、初心者の方でしたら、この漫画を見ながらポルシェの車種や歴史などに詳しくなれるような展開が期待できそうです。

スポンサードリンク

-乗り物, 女性主人公, 青年漫画
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

レストアガレージ251  第1巻|次原 隆二 (著)

スポンサードリンク レストアガレージ251 1 (BUNCH COMICS)   レストアガレージ251  第1巻   表紙には、あの名車中の名車である、トヨタ2000GTに寄り添 …

no image

クダンノゴトシ 第6巻|渡辺潤 (著)

スポンサードリンク 「東京を引き金に世界は滅ぶ」――千鶴父の残した予言に抗うべく、“呪い”の元凶である光は自らの存在を消し去ろうと奔走する。しかし通り魔事件で注目を集めてしまった彼の体には、再び影が戻 …

no image

クダンノゴトシ 第2巻|渡辺潤 (著)

スポンサードリンク 卒業旅行帰りの大学生7人にかけられた、“件(くだん)”の「死の予言」。辰巳の死も束の間、余命7日間の宣告を受けたあゆみを救うため、光たちは手を尽くす。それぞれが情報集めに奔走するが …

no image

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ  第8巻| 大西巷一 (著)

スポンサードリンク 15世紀、中央ヨーロッパで巻き起こるフス派軍vs十字軍の熾烈な宗教戦争。指揮官ヤン・ジシュカの知略により再び十字軍を退けたフス派軍だったが、様々な人物の思惑が対立し、フス派は分裂し …

no image

僕たちがやりました 第1巻|金城宗幸 (著), 荒木光 (著)

スポンサードリンク 金城宗幸(神さまの言うとおり)×荒木光(ヤンキー塾へ行く)が織りなす、「今日」に満足してる若人たちの「そこそこ」を目指す青春譚。だが、このタッグが、それだけで終わるハズがない!!  …