SF バトル 男性主人公 青年漫画

いぬやしき 第1巻|奥浩哉 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

その男には誰にも言えない秘密がある! 58歳サラリーマン2児の父。希望もなければ人望もない冴えない男。しかしある日を境に男のすべては一変する――。『GANTZ』で漫画表現の極地を切り拓いた奥浩哉がおくる、全く新しい世界がここに! アマゾンより引用

 

いぬやしき 第1巻

 

表紙には、笑顔で笑っている高齢の男性が描かれていて、タイトルのいぬやしきとの関連性などが良くわからない状態になっているのですが、この意味はお化け屋敷?的な内容なのか?早速見ていくとしましょう。

冒頭から表紙の高齢の男性が暑そうにして腰を抑えて歩いており、その周辺には家族のよな3人がいて、一緒にオレンジ色の車に乗り込み、どうやら新しく建てた家の方向に向かっているようです。

しかし、これ相当に絵が綺麗としか言いようがなく、特に背景とか道路とか、本当に写真のような感じでカラーで描かれているので、最初にこれを見たときには驚く人も多いのではないかと思いました。

到着した家は、かなりの豪邸のようで、コンクリートむき出しの3階建て、それを見た娘は凄いじゃん、お父さん頑張ったねと嬉しそうに話し始めます。すると、その豪邸のシャッターが開き、中からフェラーリが出てくると、運転している男性が、こんにちは織田ですと挨拶をしてきます。

スポンサードリンク


高齢の男性はそれを見て、こんにちは犬屋敷です、よろしくお願いしますと震えながら挨拶をするのですが、それを見ていた娘は、は?と言いながら、実はこの豪邸はお隣さんの家であり、自分たちの家はその横の小さな家だったことを知ります。

この時点で、いぬやしきのタイトルの意味が、この男性の名字である犬屋敷であることがわかります。

このお隣さんの豪邸の横を歩いていくと、隣には小さな2階建ての家が建っており、表札には犬屋敷と書いていますので、この家が今度引越してくる家になるわけなのですが、娘はこんなもんか、息子は、ちっさ、嫁はそんなふうに言ったらお父さんすねちゃうでしょと愛想なく散々な反応をしています。

娘からはなんでこんな奥まった土地を買ったの?とか、息子からは昼なのに真っ暗だよ、団地と変わんねーじゃんとその後も更に愛想のない対応をされていると、犬屋敷は一戸建てだぞ、何年かかってためたと思ってんだ!!と体を震わせて怒ります。

そして、引っ越し御者が運んだ荷物を見て、犬屋敷がさあ、荷解きをするかと家族に話すと、嫁、娘、息子とも、完全無視をして、お腹がすいたのでファミレスに行こうと話だし、1人犬屋敷をおいて、車で出かけていくのでした。

よくある、家族から無視されているサラリーマンの男性を描いているかんじなんですけど、兎に角全てにおいて絵が綺麗に描かれているのが特徴で、背景とか、かなりの時間をかけて描いているのがよく分かります。

スポンサードリンク

-SF, バトル, 男性主人公, 青年漫画
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

バトル・ロワイアル 第14巻|田口雅之 (著), 高見広春 (著)

スポンサードリンク バトル・ロワイアル(14) (ヤングチャンピオン・コミックス)   バトル・ロワイアル 第14巻   第13巻からの続きになります。表紙にはスポットライトのよう …

no image

遮那王 義経 第1巻|沢田ひろふみ (著)

スポンサードリンク 京都の古い神社から見つかった古文書。そこには牛若丸(源義経)が、若干16歳にしてこの世を去ったと記されていた。驚愕のもうひとつの義経伝説がここに始まる! ──時は遡り平安時代末。京 …

no image

バトル・ロワイアル 第2巻|田口雅之 (著), 高見広春 (著)

スポンサードリンク デス・ゲームに乗る者たちの暗躍。死者は刻一刻と増え続ける…!!理不尽な殺人実験から逃れる術はないのか!!? アマゾンより引用 バトル・ロワイアル(2) (ヤングチャンピオン・コミッ …

no image

アンゴルモア 元寇合戦記 第2巻|たかぎ 七彦 (著)

スポンサードリンク 博多への途上に浮かぶ対馬に、蒙古の先鋒部隊が上陸を開始する!見たこともない炸裂弾。馴染みのない集団戦法。朽井迅三郎は、海を越えてやって来た未知の敵に、どう立ち向かうのか?いよいよ両 …

no image

信長のシェフ 第10巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 織田包囲網最強の大名・武田信玄は、「三方ヶ原の戦い」で徳川・織田連合軍に圧勝しながらも病死した。この好機に信長は、将軍・足利義昭を討つという大きな決断を下す。そして今、時代は大きく …