SF バトル 男性主人公 青年漫画

いぬやしき 第1巻|奥浩哉 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

その男には誰にも言えない秘密がある! 58歳サラリーマン2児の父。希望もなければ人望もない冴えない男。しかしある日を境に男のすべては一変する――。『GANTZ』で漫画表現の極地を切り拓いた奥浩哉がおくる、全く新しい世界がここに! アマゾンより引用

 

いぬやしき 第1巻

 

表紙には、笑顔で笑っている高齢の男性が描かれていて、タイトルのいぬやしきとの関連性などが良くわからない状態になっているのですが、この意味はお化け屋敷?的な内容なのか?早速見ていくとしましょう。

冒頭から表紙の高齢の男性が暑そうにして腰を抑えて歩いており、その周辺には家族のよな3人がいて、一緒にオレンジ色の車に乗り込み、どうやら新しく建てた家の方向に向かっているようです。

しかし、これ相当に絵が綺麗としか言いようがなく、特に背景とか道路とか、本当に写真のような感じでカラーで描かれているので、最初にこれを見たときには驚く人も多いのではないかと思いました。

到着した家は、かなりの豪邸のようで、コンクリートむき出しの3階建て、それを見た娘は凄いじゃん、お父さん頑張ったねと嬉しそうに話し始めます。すると、その豪邸のシャッターが開き、中からフェラーリが出てくると、運転している男性が、こんにちは織田ですと挨拶をしてきます。

スポンサードリンク


高齢の男性はそれを見て、こんにちは犬屋敷です、よろしくお願いしますと震えながら挨拶をするのですが、それを見ていた娘は、は?と言いながら、実はこの豪邸はお隣さんの家であり、自分たちの家はその横の小さな家だったことを知ります。

この時点で、いぬやしきのタイトルの意味が、この男性の名字である犬屋敷であることがわかります。

このお隣さんの豪邸の横を歩いていくと、隣には小さな2階建ての家が建っており、表札には犬屋敷と書いていますので、この家が今度引越してくる家になるわけなのですが、娘はこんなもんか、息子は、ちっさ、嫁はそんなふうに言ったらお父さんすねちゃうでしょと愛想なく散々な反応をしています。

娘からはなんでこんな奥まった土地を買ったの?とか、息子からは昼なのに真っ暗だよ、団地と変わんねーじゃんとその後も更に愛想のない対応をされていると、犬屋敷は一戸建てだぞ、何年かかってためたと思ってんだ!!と体を震わせて怒ります。

そして、引っ越し御者が運んだ荷物を見て、犬屋敷がさあ、荷解きをするかと家族に話すと、嫁、娘、息子とも、完全無視をして、お腹がすいたのでファミレスに行こうと話だし、1人犬屋敷をおいて、車で出かけていくのでした。

よくある、家族から無視されているサラリーマンの男性を描いているかんじなんですけど、兎に角全てにおいて絵が綺麗に描かれているのが特徴で、背景とか、かなりの時間をかけて描いているのがよく分かります。

スポンサードリンク

-SF, バトル, 男性主人公, 青年漫画
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

骨が腐るまで 第1巻|内海 八重 (著)

スポンサードリンク 骨が腐るまで(1) (講談社コミックス)   骨が腐るまで 第1巻   表紙には、大きなひびの入った骸骨を裸で抱きかけて、自分の顔を笑顔ですり合わせているちょっ …

no image

海賊とよばれた男 第3巻|百田尚樹 (著), 須本壮一 (著)

スポンサードリンク 日本人が好きな日本の歴史上の人物といえば、織田信長や坂本龍馬が有名だが、彼らに匹敵する日本人が、ほんの数十年前まで実在していた。この人物をモデルに描かれた『海賊とよばれた男』(百田 …

no image

信長のシェフ 第7巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 石山本願寺、浅井、朝倉による包囲網の中で森可成を失った信長は、帝の御前での料理勝負による和睦提案で苦境を乗り切る。だが、平穏もつかの間、新たなる包囲網が出来つつあった。その鍵を握る …

no image

海賊とよばれた男 第4巻|百田尚樹 (著), 須本壮一 (著)

スポンサードリンク 時代は明治41年。若き国岡鐡造(くにおか・てつぞう)は神戸高商の最終学年になり、従業員たった3名の「酒井商会」へと就職をはたした。神戸高商時代の同級生が大会社で活躍していく中、鐡造 …

no image

僕だけがいない街 第7巻|三部 けい (著)

スポンサードリンク リハビリを開始した悟はついにアイリと再会する。記憶が取り戻せず、もがき悩んでいた悟は、アイリとの出会いをキッカケにかつての自分を取り戻すことは出来るのだろうか?そして…アイツも動き …