バトル ホラー 男性主人公 青年漫画

ヒトクイ-origin- 第1巻|MITA (著), 太田羊羹 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

集団突然死事件が頻発する世界。いずれも死因は心臓麻痺。その謎の鍵は、チェーンメールにあった。メールに記された存在“ヒトクイ”とは一体―――男子高校生・陽太がこの謎に挑む!!恐怖とサスペンス、そして伏線の数々。WEB漫画の伝説的作品、ついに待望の単行本化! アマゾンより引用

 

ヒトクイ-origin- 第1巻

 

表紙には男子高校生らしき少年が1人暗い部屋で上を見上げるようなアングルで立っており、周囲には蜘蛛の巣?のような白い線が沢山描かれています。ただし、タイトルのヒトクイとこの表紙の関連性がこれだけではよくわからないため、実際に中身を見て確認していきましょう。

ねえ、これ知ってる?、と女子高生がスマートフォンでニュース動画を見ていて、どうやら心臓発作で死んでしまう人が多発しているらしいニュースが映像内で流れているようです。その後、外車に若い女性を乗せてタバコを加えながら運転をしている、若い男がいて、どうやら後輩のこの女性を体目当ての遊び目的で誘っているようです。

その時、突然前方に人影が見えて、そのまま車で跳ね飛ばしてしまい、人をはねてしまったこの男性は震えて捕まりたくないと顔色を変えて心配をしていると、隣りに座っていた若い女性が笑顔で、先輩早く行きましょう、先輩は悪くないです、誰も見ていませんよといいながら、そのまま跳ね飛ばした人を無視して女性の自宅まで送ります。

スポンサードリンク


この若い女性、この男性に相当な好意があるらしく、男性の弱みを握ることにより、自分が捨てられなくなるのを計画しているようです。

人をはねてしまってそのまま逃走したこの男性はそんなことよりも、車の塗装をなんとかしないとまずいとか、そう思いながら車に乗り込んで帰ろうとすると・・・、突然景色が切り替わり、いつのまにやらチェス盤の様な床のデザインの知らない建物の中に立っていたのでした。

何処なんだ、ここは?、この男性が慌てていると、後ろからあの先程マンションに送ったはずの女性がやってきて、私もマンションに入ろうとしたらいつの間にかここにいて、何が起こっているのかわからない様子で男性に話しかけています。

男性は、兎に角ここを出ようとこの女性に話、この場を出ようとするのですが、どうやらこの2人、お互いに顔には出さない思いがあるらしく、何かあった際には代わりに犠牲になってもらうつもりで、一緒に行動を始めることになります。、・・・とその時、どこからか凄まじい悲鳴が聞こえてくる事になり、この場にいるのが危険であると2人で口論になります。

そして、悲鳴が聞こえたドアの先の部屋に入ると、そこにはバラバラになった人の死体が転がっていたのでした・・・。

ヒトクイのタイトルは、人を喰う?と言った意味合いのような気がする序盤の展開ですが、ここから本番になるような展開のようです。

スポンサードリンク

-バトル, ホラー, 男性主人公, 青年漫画
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

当て屋の椿 第1巻| 川下寛次 (著)

スポンサードリンク   時は江戸時代。巷で起こる数多の事件を、当て屋の椿が次々解決!! 奇想天外、大江戸吉原ミステリー!! アマゾンより引用 当て屋の椿 1 (ジェッツコミックス) &nbs …

no image

そば屋幻庵 第11巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク 大人気シリーズ第11巻!!かどたひろし氏が、江戸っ子たちの粋と人情を、美麗かつ艶やかな画で描き出す!身分を隠し、蕎麦作りに熱中する玄太郎の屋台[幻庵]には、様々な想いや事情を抱えた …

no image

アンゴルモア 元寇合戦記 第1巻|たかぎ 七彦 (著)

スポンサードリンク 中世ヨーロッパを席巻し、恐怖の大王=アンゴルモアの語源との説もあるモンゴル軍。1274年、彼らは遂に日本にやって来た!博多への針路に浮かぶ対馬。流人である鎌倉武士・朽井迅三郎は、こ …

no image

山賊ダイアリー 第4巻|岡本健太郎 (著)

スポンサードリンク 身悶えるジビエ(野生肉)の愉悦! とある日は牛タンより美味(!?)なイノシシのタンに舌鼓。またある日は、オスのイノシシの臭味に悶絶。狩りに釣りにイモ掘りに、新米ハンター・岡本は今日 …

no image

エデンの檻 第7巻| 山田 恵庸 (著)

スポンサードリンク 生存者、さらに減少。絶滅した動物たちが潜む謎の孤島で中学生グループは生き残れるのか!? ――仲間たちと一緒に協力しながら拡大していったベースに、またもや未知の絶滅動物が襲来! 今度 …