バトル ホラー 男性主人公 青年漫画

ヒトクイ-origin- 第1巻|MITA (著), 太田羊羹 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

集団突然死事件が頻発する世界。いずれも死因は心臓麻痺。その謎の鍵は、チェーンメールにあった。メールに記された存在“ヒトクイ”とは一体―――男子高校生・陽太がこの謎に挑む!!恐怖とサスペンス、そして伏線の数々。WEB漫画の伝説的作品、ついに待望の単行本化! アマゾンより引用

 

ヒトクイ-origin- 第1巻

 

表紙には男子高校生らしき少年が1人暗い部屋で上を見上げるようなアングルで立っており、周囲には蜘蛛の巣?のような白い線が沢山描かれています。ただし、タイトルのヒトクイとこの表紙の関連性がこれだけではよくわからないため、実際に中身を見て確認していきましょう。

ねえ、これ知ってる?、と女子高生がスマートフォンでニュース動画を見ていて、どうやら心臓発作で死んでしまう人が多発しているらしいニュースが映像内で流れているようです。その後、外車に若い女性を乗せてタバコを加えながら運転をしている、若い男がいて、どうやら後輩のこの女性を体目当ての遊び目的で誘っているようです。

その時、突然前方に人影が見えて、そのまま車で跳ね飛ばしてしまい、人をはねてしまったこの男性は震えて捕まりたくないと顔色を変えて心配をしていると、隣りに座っていた若い女性が笑顔で、先輩早く行きましょう、先輩は悪くないです、誰も見ていませんよといいながら、そのまま跳ね飛ばした人を無視して女性の自宅まで送ります。

スポンサードリンク


この若い女性、この男性に相当な好意があるらしく、男性の弱みを握ることにより、自分が捨てられなくなるのを計画しているようです。

人をはねてしまってそのまま逃走したこの男性はそんなことよりも、車の塗装をなんとかしないとまずいとか、そう思いながら車に乗り込んで帰ろうとすると・・・、突然景色が切り替わり、いつのまにやらチェス盤の様な床のデザインの知らない建物の中に立っていたのでした。

何処なんだ、ここは?、この男性が慌てていると、後ろからあの先程マンションに送ったはずの女性がやってきて、私もマンションに入ろうとしたらいつの間にかここにいて、何が起こっているのかわからない様子で男性に話しかけています。

男性は、兎に角ここを出ようとこの女性に話、この場を出ようとするのですが、どうやらこの2人、お互いに顔には出さない思いがあるらしく、何かあった際には代わりに犠牲になってもらうつもりで、一緒に行動を始めることになります。、・・・とその時、どこからか凄まじい悲鳴が聞こえてくる事になり、この場にいるのが危険であると2人で口論になります。

そして、悲鳴が聞こえたドアの先の部屋に入ると、そこにはバラバラになった人の死体が転がっていたのでした・・・。

ヒトクイのタイトルは、人を喰う?と言った意味合いのような気がする序盤の展開ですが、ここから本番になるような展開のようです。

スポンサードリンク

-バトル, ホラー, 男性主人公, 青年漫画
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

エデンの檻 第2巻| 山田 恵庸 (著)

スポンサードリンク 謎だらけの島に不時着してはや、数日。いまだ救助は来ず、巨大絶滅獣の襲撃に怯えるアキラたち。社会の檻から解き放たれた同級生たちは、理性を失い、眠っていた野性が覚醒する!? 生き延びる …

no image

Q.E.D.―証明終了― 第1巻|加藤元浩 (著)

スポンサードリンク 本物”を求めるミステリー・ファンの間で超ウワサ! MIT帰りの天才少年・燈馬(とうま)×元気全開の女子高生・可奈(かな)――事件とナゾが、ふたりを待つッ!! 世界一のゲーム会社で起 …

no image

そば屋幻庵 第13巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク 神出鬼没の絶品そば屋台を営む牧野玄太郎は、元は幕府の重職。身分を隠し、日々、旨い蕎麦作りを追求する彼の元には、毎度、個性豊かな客が訪れて―――…。第二の人生を目一杯楽しむ姿…、誰で …

no image

山賊ダイアリー 第3巻|岡本健太郎 (著)

スポンサードリンク 空気銃で鳥を仕留め、山を見回り、罠を仕掛ける。獲れた鹿を捌いて食い、余った肉で燻製作り、付け合せは河原で採れたクレソン。とはいえ、時には暗い山の中で数時間も過ごすハメに……狩猟は自 …

no image

バトル・ロワイアル 第14巻|田口雅之 (著), 高見広春 (著)

スポンサードリンク バトル・ロワイアル(14) (ヤングチャンピオン・コミックス)   バトル・ロワイアル 第14巻   第13巻からの続きになります。表紙にはスポットライトのよう …