シリアス 女性主人公 少年漫画

コンシェルジュインペリアル 第4巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (案)

投稿日:

スポンサードリンク

優菜の下に舞い込む次なる依頼は?家事も仕事も一切できないひきこもりの母親介護のお手伝い。ワケあり親子の看取り介護の付き添い。悪質事業者に騙される利用者の救済。などなど今巻も難題・疑問に立ち向かう!そして、「コンシェルジュ」の主人公・最上拝登場!伝説のコンシェルジュも娘の優菜には手を焼くようで…!?親子の絆も垣間見える最新刊!! アマゾンより引用

 

 

コンシェルジュインペリアル 第4巻

 

第3巻からの続きになります。表紙には小さな介護ロボットを持った最上と同僚の女の子の二人が描かれていますが、それ以上は分からないので、早速中身を見ていくことにしましょう。

自宅から出かけようとする最上に対して、父親がストーブがつけっぱなしになっていたと注意をしていて、更にはゴミ袋にネットを掛けていなかったのでカラスがつついていたとか、色々と説教をされているようなんですが、最上は不機嫌になって全く話を聞くことなくそのまま職場の介護施設に出かけていきます。

介護施設インペリアルでは、施設にいる87歳の父親の件で60歳位のその奥さんがカウンターに訪問をしていて、それに気がついたインペリアルの責任者が何か問題があるのではないですか?と問いただしてみると、どうやら奥さんには家庭の悩みがあるようで、38歳の娘が仕事もせずに引きこもり状態で20年近く部屋から出ないとのことでした。

スポンサードリンク


ご主人が介護施設で暮らさないといけないのに、娘がそれでは将来が心配で、それで奥さんは顔色が余りすぐれない様子のようです。

その後、この奥さんは自宅の食堂で料理を作っていた所、突然脳梗塞で倒れてしまって、それで引きこもりの娘が大騒ぎをしているわけですが、この奥さんには障害が残りそうとのことなので、それを聞いたインペリアルのスタッフたちは、引きこもりの娘がご飯も炊けないレベルであることを深く心配し始めます。

しかし、後はこの38歳の引きこもりの娘に頑張ってもらうしかないけど、仕事としてケアマネが出来ることはないので、介護についてイチから教えてくれるところがないかと、最上の方をチラチラと見ながら合図をするケアマネを見て、ライフコンシェルジェの依頼をインペリアルが受けることになります。

インペリアルで介護についてイチから学ぶことになった38歳の娘なんですけど、選択すら出来ないし、お茶を淹れることも出来ないし、おむつの変え方を指導していると、よくこんな仕事できますねと、相当嫌がる対応をしてしまったため、インペリアルのスタッフが激怒してしまうんですが、それを見て娘は逃げ出してしまいます。

父親が要介護状態で、母親が脳梗塞で倒れてしまい、20年間引きこもっていた娘が対応をしないといけなくなった訳ですが、果たして上手く解決していくことが出来るのか?、実際の現実社会でもよくあるような話ですから、これから似たような状況になる人は見ておいて損はないリアル介護の漫画になります。

 

スポンサードリンク

-シリアス, 女性主人公, 少年漫画
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

信長のシェフ 第16巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 東の脅威・武田勝頼を長篠の戦いで撃破した信長は織田家の当主を辞めると断言。ケンに嫡男・信忠の料理人になるよう命じる。だが、嫡男への家督相続に異議を唱える三男・信孝は織田家家督相続の …

no image

コンシェルジュインペリアル 第5巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (案)

スポンサードリンク クインシーホテルの高齢者向けバスツアーに付き添いで来た優菜。そこには父親であり、スーパーコンシェルジュである最上拝の姿があった。そんなふたりのもとへ、母親の預金通帳を見つけてくれと …

no image

医龍 第1巻|永井明 (著), 乃木坂太郎 (著)

スポンサードリンク NGOキャンプで優秀な外科医として働いていた朝田は、今は医者を辞め、悠々自適の田舎暮らしの毎日。そこへ大学助教授の加藤が現れ、彼を自分の大学病院に迎えようとする。だが、朝田はまるで …

no image

Q.E.D.―証明終了― 第1巻|加藤元浩 (著)

スポンサードリンク 本物”を求めるミステリー・ファンの間で超ウワサ! MIT帰りの天才少年・燈馬(とうま)×元気全開の女子高生・可奈(かな)――事件とナゾが、ふたりを待つッ!! 世界一のゲーム会社で起 …

no image

君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研究所〜 第2巻|よしづき くみち(著)

スポンサードリンク 君と僕のアシアト~タイムトラベル春日研究所~ 2 (ジャンプコミックスデラックス)   このブログを立ち上げるきっかけになった漫画、君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研 …