シリアス 女性主人公 少年漫画

コンシェルジュインペリアル 第5巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (案)

投稿日:

スポンサードリンク

クインシーホテルの高齢者向けバスツアーに付き添いで来た優菜。そこには父親であり、スーパーコンシェルジュである最上拝の姿があった。そんなふたりのもとへ、母親の預金通帳を見つけてくれという依頼が入る。拝はコンシェルジュとしての経験と勘から、優菜は介護職員としての知識と情報から息の合ったコンビネーションで真相へと近づくが…!?他にも「ペットと介護」「音楽と介護」の関係など、気になる最新情報を多数収録!! アマゾンより引用

 

コンシェルジュインペリアル 第5巻

 

第4巻からの続きになります。表紙には最上が介護用の新しい機材をつけて歩いている姿と、ホテルのコンシェルジェをしている父親がその後ろで歩いています。近未来型のロボットと現在の介護業界が抱えている問題を上手く組み合わせて分かりやすくしている漫画ですので、ぜひ一度読んでいただきたい作品です。

序盤から、介護用ロボット導入支援特別事業開始の話から始まり、一定額以上の介護ロボットの施設・事業所への導入に補助金が出ることを社長が嬉しそうに自分の経営センスが有るのでこうなっているような感じで話しているんですけど、見た目が明らかに太ってしまっているようです。

話を聞きながら秘書のような女性が、あの、あの、と何度も話しかけているんですけど、全く聞くこともなく自分の自慢話をしているのを見ていた女性が、遂においそこのデブと社長に突っ込むと、社長は接待の連続だったのでこうなってしまったと言い訳を始めるんですけど、秘書らしき女性はあのダイエットジムに入会を申し込んだと伝えています。

スポンサードリンク


まあ、多分最近やたら有名になっているライザップの事を差しているんだとは思います。

そこの頃、介護施設インペリアルの女性職員の一人が、最上と2人で河原で何かを話しているんですけど、この女性職員、どうやら河原でテントを張って生活をしているようで、その辺の食べれる草を捕獲したり川エビを捕まえて食べて極限の節約生活をしている感じで、2人で川ですっぽんを捕まえることになります。

この、テント暮らしをしているインペリアルの女性職員は杉村さんといい、何故ここまで貧乏な生活をしているのかと言えば、医学部に通っている弟の為に給与の殆どを仕送りしているため、自分はテント暮らしで極限の生活をしながら、スッポンを捕まえて最上と2人で意外に美味しいと食べ始めることになります。

ウシガエルもスッポンも、とりあえず火を通しておけば安全とのことです・・・。また、最近は警察に目をつけられているらしくて、職務質問されるのが困るような話をしていますので、いやいやそうじゃないと最上は首を振りながら、他になにか怖いことがないのかを訪ねています。

今回は、序盤部分では介護のトラブルに関わる話は出てこなくて、社長が極端に太ってしまった話と、杉村さんが生活に困ってテント暮らしをしている話になっていますので、恐らくこれが伏線になり、これから色々な問題に発展していくでしょうから、目が離せない内容になっていますね。

介護漫画がこれほど面白くなるとは・・・、是非見ておいて損はない作品です。

 

スポンサードリンク

-シリアス, 女性主人公, 少年漫画
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

エデンの檻 第6巻| 山田 恵庸 (著)

スポンサードリンク 荒々しい岩肌の上。血を流し、身じろぎもできず倒れているアキラ! アキラとともに横たわる一体の死体と、肉食の牙を振りかざし、アキラに歩み寄るオオカミ! 一体なぜ、こんなことになってし …

no image

惡の華 第1巻|押見修造 (著)

スポンサードリンク ボードレールを愛する、文学少年・春日高男(かすが・たかお)。ある日、彼は、放課後の教室に落ちていた大好きな佐伯奈々子(さえき・ななこ)の体操着を、思わず盗ってしまう。それを、嫌われ …

no image

スティーブ・ジョブズ 第1巻|ウォルター・アイザックソン (著), ヤマザキマリ (著)

スポンサードリンク ウォルター・アイザックソンが著した世界的なベストセラー『スティーブ・ジョブズ』を、『テルマエ・ロマエ』で一躍脚光を浴びたヤマザキマリ氏が漫画化!! 第1話の試し読みは1週間で5万人 …

no image

アンゴルモア 元寇合戦記 第6巻|たかぎ 七彦 (著)

スポンサードリンク 防人の末えいである刀伊祓(といばらい)たちと合流し、古代の山城「金田城」に集結した対馬軍。先人が築いた堅牢な城壁を利用し蒙古を撃退せんとする朽井だったが、意外な人物の裏切りが発生! …

no image

孤高の人 第1巻|坂本眞一 (著), 鍋田吉郎 (著), 新田次郎 (著)

スポンサードリンク 孤独な青年・森文太郎は転校初日、同じクラスの宮本にけしかけられ校舎をよじ登ることに。一歩間違えば死んだかもしれない、だが成し遂げた瞬間の充実感は、今までになかった「生きている」こと …