女性主人公 少年漫画 恋愛

魔法使いの嫁 第1巻|ヤマザキコレ (著)

投稿日:

スポンサードリンク

羽鳥チセ15歳。身寄りもなく、生きる希望も術も持たぬ彼女を金で買ったのは、ヒト為らざる魔法使いだった…。 アマゾンより引用。

 

魔法使いの嫁 第1巻

 

表紙には赤いショットカットの髪型の若い女性と顔が怪獣のようなスーツ姿の男性?が2人で食事をしているシーンが描かれています。多分、この怪獣のような顔をした男性は人間ではないとは思いますし、魔法使いの嫁のタイトルの通り、多分魔法使い側の人物だと思います。早速中身を見ていくことにします。

冒頭から表紙に描かれていた赤いショートカットの髪型をした女性が鎖でつながれてオークションに出品されているらしくて、参加者が価格を釣り上げながら落札をしている中、決めた、キニを僕の弟子にすると話しながら、表紙に描かれていた怪獣のような顔の男性が500万ポンドで女性を落札します。

女性は15歳の日本人女性のようで、首と両手を鎖でつながれたまま、この落札した怪獣のような顔の男性に何処かに連れて行かれていると、ヘビのような羽の生えた生き物がこの女性に擦り寄ってきて、それを見た怪獣のような男性が見えるのか?それと話してきているので、どうやら特別な能力がある女性のようです。

この女性の名前は羽鳥智世というらしくて、落札した怪獣のような男性はエリアス・エインズワースというらしく、本当に弟子にするつもりで羽鳥智世を落札したようです。

スポンサードリンク


どうやら子供のころから他の人には見えない霊的な物が見えたりしていたらしくて、子供の頃から良かったことなど一度もなかったらしいのですが、それを察したエリアスがそれじゃあ、いつか君がよかったと思えるようにしようと頭をなでながら、目をつむって僕にくっついてきてと抱きしめます。

すると、瞬間的に他の場所にあるエリアスの自宅に瞬間移動をしたらしく、その光景を見て驚いた羽鳥智世はここは何処なのか?、どうやってここに来たのかをエリアスに問いただしていると、エリアスはここはロンドンの西、イングランドの端っこの田舎であり、もう首と手につけている鎖は要らないといい、その場で鎖を破壊します。

そして、君ははもう使いの弟子になったのさとエリアスが羽鳥智世に話し、何をおいてもひとまずは風呂に入る必要があると、汚れてしまっている羽鳥智世の体を見ながら無理やり風呂場に連れて行くのですが、お風呂くらい1人で入れますと必死で抵抗する羽鳥智世・・・。

ようやく湯船に使って1人でリラックスしながら、また風呂に入れるとは思わなかったとうとうとしていると、妖精のような小さな生き物が羽鳥智世の周辺に集まってきて、なんだかおいしそうな匂いがすると、いいながら、意味ありげにあなたはスレイ・ベガよね?と問いかけるのでした。

冒頭を見た感じでは、特殊能力がある日本人の女の子が奴隷市場で売られていて、それを知った魔法使いエリアスが大金で落札をしてから弟子としてイングランドの田舎の家で共同生活を始めていく感じのストーリーになっています。

スポンサードリンク

-女性主人公, 少年漫画, 恋愛
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

アルキメデスの大戦 第1巻|三田紀房 (著)

スポンサードリンク 戦艦「大和」を阻止せよ!!! 日本の未来を1人の数学の天才が変える!? 時は1933年。日本海軍の中枢・海軍省の会議室で、次世代の旗艦を決める新型戦艦建造計画会議が開かれ、2つの陣 …

no image

絢爛たるグランドセーヌ 第1巻|Cuvie (著), 村山久美子 (監修)

スポンサードリンク 優れた観察眼と実行力を備えた少女・奏(かなで)。絢爛たるバレエの世界に魅了された少女は、踊ることの楽しさに目覚め、やがては、世界のグランドセーヌ<大舞台>へと駆けあがっ …

no image

屍鬼 第1巻|小野不由美 (著), 藤崎竜 (著)

スポンサードリンク 199X年猛暑の夏、山に囲まれた人口わずか1300人の外場村で、原因不明の3名の死体が発見された。同時期、古い洋館に越して来た桐敷一家と接触した女子高生・清水恵が行方不明に。相次ぐ …

no image

ノラガミ 第1巻|あだちとか (著)

スポンサードリンク 神さまを拾いました。――いたいけな女子中学生が道ばたで出会った、住所不定無職・自称[神]なジャージのひと。ガサツで気分屋でヘタレ、ろくに祈願もきいてくれないが、一つだけ能があった。 …

no image

山賊ダイアリー 第4巻|岡本健太郎 (著)

スポンサードリンク 身悶えるジビエ(野生肉)の愉悦! とある日は牛タンより美味(!?)なイノシシのタンに舌鼓。またある日は、オスのイノシシの臭味に悶絶。狩りに釣りにイモ掘りに、新米ハンター・岡本は今日 …