ホラー 学園 少年漫画 恋愛 男性主人公

さんかれあ 第1巻|はっとりみつる (著)

投稿日:

スポンサードリンク

夢は「ゾンビっ娘とチュッチュする」こと!ゾンビをこよなく愛する高校1年生・降谷千紘(ふるや・ちひろ)は、ひょんなことから清楚可憐なお嬢様・散華礼弥(さんかれあ)と知り合い、一緒に愛猫「ばーぶ」の“蘇生”に取り組むことに。でも、礼弥が発したひと言「私が……ゾンビになったら、責任取ってくれるってことですね……?」が、まさか実現するなんて!?史上初?ゾンビに萌えちゃう青春ラブストーリー、ここに誕生!! アマゾンより引用

 

さんかれあ 第1巻

 

表紙には、ストレートヘアーの可愛い女性が太陽の下で手を掲げているようなポーズで描かれています。ただし表紙とタイトルだけではこれ以上は分かりませんので、早速、中身を見ていくことにしましょう。

いきなり、お腹から腸がはみ出ていてる女子高生の後ろ姿が出てきて、それを見て驚いている男性生徒がいますから、ゾンビ系の学園ストーリーの予感がしています。

数日前。

紫陽高校一年生の男子生徒・降谷は、友人たちから最近ぼーっとしてないか?と指摘されながら一緒に登校をしているのですが、川を挟んで向かい同士になっている女子校、私立散華女子学園と通学路が完全に別れていることに友人たちは不満のようです。

そして、今年は特にセレブな子が入学していると噂を友人から聞いた降谷は、その先にロングヘアのとても清楚な女子高生が歩いているのを見ることになります。この女子生徒の名前は、散華女子学園長の娘、散華礼弥(さんかれあ)たん、とのことです。

スポンサードリンク


ここでタイトルのさんかれあの意味と表示の女性の存在がやっと分かることになり、この散華礼弥と降谷が深く拘る学園モノ漫画の展開が予想できます。

そうしていると、ショートカットの散華女子2年、佐王子蘭子が降谷に声をかけてきて、そこで借りていたDVDを返しながら親しそうに話していると、それを見た降谷の友人たちが、この女の子は一体誰?と呆然とした表情で訪ねます。

どうやら佐王子蘭子は降谷のいとこのようで、友人たちが嫉妬するほどとても仲もよく、ゾンビ映画のDVDを朝から降谷に返しに来ただけで、後は用事もないらしく、そのまま、今週末に家に来いよと話しながら登校をしていきます。

同日、午後11:00。紫陽腸内のホテル跡に、怪しいケースを持って1人でやってきた降谷は、今回こそ蘇生させてやると言って、その怪しいケースに入っている猫の死体を取り出し、ある場所で手に入れた古い書物に書かれていた秘術を試すことになります。

いつ頃書かれたのかもわからないが、多分間違いない、これは蘇生術だ・・・。ただし、半信半疑で本物かどうかわからないけど、だからこそゾンビを試したくなったので、1人で儀式を始める降谷でした。

序盤を見た感じでは、この降谷がゾンビとして死者を蘇生する技術を身につけて、散華礼弥(さんかれあ)といろいろと絡んでいく学園ストーリーであると感じました。

スポンサードリンク

-ホラー, 学園, 少年漫画, 恋愛, 男性主人公
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

エデンの檻 第8巻| 山田 恵庸 (著)

スポンサードリンク いちばん強い男がこの世界の王となる!! 試されるのは力か正義か友情か!? ――絶滅動物が往来する謎の島の全体像を探るため“魔の山”に登り始めたアキラたち。必死の思いでたどりついた山 …

no image

ソムリエール 第1巻|城アラキ (著), 松井勝法 (著), 堀賢一 (著)

スポンサードリンク 「はい。だから私も運命になんか負けません。」 両親を失いながらも篤志家の援助により大学の醸造科を卒業した樹カナ。自らも出身である施設で、子供達とワインを造っていた彼女の元に届いた、 …

no image

アルテ 第2巻|大久保圭 (著)

スポンサードリンク 自らの制御できない感情に思い悩むアルテを引き連れ、貧民街へとやってきたヴェロニカ。 そこにはヴェロニカと同じように、かつて高級娼婦として活躍していた女性の落ちぶれた姿が……。 ヴェ …

no image

八重の桜  第1巻|竹村 洋平 (著), 山本 むつみ (著)

スポンサードリンク 江戸時代末期。山本八重は鉄砲を携え、国の為に戦った──。会津の女として激動の時代を強く生き抜いた幕末のジャンヌダルクの軌跡がここに!! アマゾンより引用 八重の桜 1 (ジャンプコ …

no image

WxY ダブリューエックスワイ  第1巻|マドカマチコ (著)

スポンサードリンク 孤高のエロ漫画家・横田高志は自らの作品の主人公「あいみ」が現実に抜け出た様な美少女中学生と出逢う その正体は、実の姪・愛美だった そして、ファッション誌出身の誇り高き美人編集者・鷲 …